ベルギーの首都ブリュッセル中心部で起きた兵士襲撃事件の現場で、地面に横たわる男を見る警察官ら(2017年8月25日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新、写真追加)ベルギーの首都ブリュッセル(Brussels)で25日、男が兵士2人を襲う事件が起きた。男は現場で兵士らに射殺された。連邦検察当局がAFPの取材に明らかにした。

 連邦検察当局は、事件は「テロ攻撃」との見方を示している。男は「アラーアクバル(アラビア語で神は偉大なりの意)」と2度叫びながら兵士らを襲撃。兵士らは男に向け発砲したという。

 事件は同市中心部の路上で午後8時(日本時間26日午前3時)ごろに発生。連邦検察当局によると、襲撃を受けた兵士2人のうち1人が軽傷を負った。同当局はテロ捜査を開始した。
【翻訳編集】AFPBB News