特別支援生徒が熱中症で意識不明の重体 部活動で43周走る指示

ざっくり言うと

  • 東京都の特別支援生徒が熱中症で意識不明の重体になっていたことが判明した
  • 23日、部活中走るのが遅かったとして顧問教員が校舎周りを43周走るよう指示
  • 当時気温は32℃で、学校側は2周ごとに休ませ水分をとらせたとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング