画像提供:マイナビニュース

写真拡大

JR西日本は秋の臨時列車(10〜11月に運転)として、ラッピング列車「パンダくろしお『Smile アドベンチャートレイン』」を使用した臨時列車「パンダくろしお号」を10月14・15日に新大阪〜白浜間で運行すると発表した。

「パンダくろしお『Smile アドベンチャートレイン』」は、和歌山県のテーマパーク「アドベンチャーワールド」とのコラボレーションで今夏登場したラッピング列車。287系6両編成の車両前頭部でパンダの顔を表現し、車体にはパークで躍動する動物たちのさまざまなシーンをデザインした。2019年11月頃まで、特急「くろしお」の定期列車として運用される予定となっている。

臨時列車の「パンダくろしお号」は、10月14日に白浜行「パンダくろしお1号」、10月15日に新大阪行「パンダくろしお2号」として運転される。全車指定席で、「パンダくろしお1号」は新大阪駅8時31分発・白浜駅11時8分着、「パンダくろしお2号」は白浜駅14時50分発・新大阪駅17時20分着となる。

新大阪〜白浜間の途中停車駅は天王寺駅・和歌山駅・海南駅・御坊駅・紀伊田辺駅。運行当日のイベントなどの詳細は後日発表されるとのこと。