マンチェスター・ユナイテッドのズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】

写真拡大

 マンチェスター・ユナイテッドと再契約を交わした元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、ユナイテッドで今シーズンを終えたあとは北米のメジャーリーグサッカー(MLS)へ移籍する可能性を示唆している。米『ESPN FC』のインタビューに答えた。

 イブラヒモビッチは今年4月に膝を負傷したあと、6月末までとなっていたユナイテッドとの契約が延長されずに一旦退団。だが24日には改めて来年6月までの1年契約を交わしたことが発表された。

 パリ・サンジェルマン(PSG)を退団した昨年夏にも、ユナイテッドを退団した今回も、イブラヒモビッチはMLSへ移籍する可能性が盛んに報じられていた。来夏にユナイテッドとの契約が満了した際には、ついに米国行きが実現することになるのかもしれない。

「MLSへ行く可能性は大いにあると思う。ユナイテッドに戻って、一度スタートさせた仕事を終わらせるつもりだ。だがその後は、MLSを視野に入れる可能性があると思う。どうなるか分からないがね」とイブラヒモビッチは来季以降の去就の見通しについて語っている。

 この夏にもユナイテッド以外のクラブから誘いを受けていたとイブラヒモビッチは認めている。「2つほどのチームが、“イブラカダブラ”を自分たちのチームに欲しいと望んでいた。だが去年はユナイテッドで素晴らしい1年を過ごすことができた」と述べ、ユナイテッドで幸福な時間を過ごせていたことが再契約の理由だと説明した。

text by 編集部