毎朝の準備に2時間かかる8歳少女(画像は『The Sun 2017年8月23日付「ANGEL'S DELIGHTMum reveals her daughter, 8, spends TWO HOURS getting ready every morning… and her extensive routine involves contouring make-up and braiding her hair」(IMAGE: MICHELLE LAXTON)』のスクリーンショット)

写真拡大

こだわりを持つのはいいことだが、10歳にも満たない少女が毎朝メイクやヘアに2時間も費やしているとなると驚かざるを得ない。少女の母親はほんの少し呆れながらも「子供のしていることだから」とあまり問題視はしていないが、世間はそんな親子に否定的だ。英メディア『The Sun』が伝えた。

英サンドハーストに暮らすエンジェルちゃん(8歳)は4歳頃からメイクに興味を持ち始め、服やヘアスタイルは7歳になってから気にするようになったそうだ。とにかくメイクが大好きで、毎朝7時に起きるとまずはルーティン化しているスキンケアを始めるという。クレンジングや保湿も抜かりなく、その後メイクを施してヘアスタイルに取り掛かる。そしてその日の服装をチョイスする。母のミッシェル・ラックストンさん(37歳)によると、毎日1時間〜2時間は余裕でかかるとのことだ。

「うまく行かないと何度でもやり直します。ヘアスタイルやリップの色、ハイライトが気に入らなければまた2階に戻って変えるんです。その日のファッションもきちんとしていないとダメという感じで、完璧にならないと家を出ないから、どんどん時間ばかり経っていくんです。」

とはいえミッシェルさんは、娘が学校へ行く時はメイクをさせない。それでも身につけるアクセサリーやスタイリングに恐ろしく時間がかかるのだという。エンジェルちゃんは、イギリスのリアリティ番組で名の知られるケイティー・プライスの娘プリンセス・ティアーミー・アンドレちゃん(10歳)に興味があった時期もあり、その頃は今よりもっとブロンドヘアでカールがかった髪だったため、周りの人にも見間違えられるほどだったようだ。

ところがYouTubeスターであるZoella(ゾエラ)の動画を見てからはメイクアップのチュートリアルにハマったようで、現在は月に30ポンド(約4,200円)〜40ポンド(約5,600円)与えられている自分のお小遣いの全てをメイク商品に費やしているという。

「鏡の前で何時間も輪郭やハイライトの練習をしたり、違うヘアスタイルにチャレンジしたりしています。正直、娘のスキルには感心しています。私がきちんとメイクしたい時は娘に頼むほど、とても上手なんですよ。買い物に行くと着たい服を自分で選び、まるで小さなファッション・クイーンのようです。服もいろんなスタイルのものをたくさん持っていて、何を着てもよく似合います。ファンデーションは肌が若いから塗らせていないけれど、ディオールのリップグロスやジミー チュウの香水も持っているし、BBクリームやユニコーンのハイライターも揃っています。新しい商品が出るたびに買ってとねだってくるんです。先日の誕生日には、友人や身内から120ポンド(約17,000円)ほどのメイク商品をもらっていました。あの子が誕生日に欲しかったのはメイク商品だけだったから。」

このように語るミッシェルさんだが、正直なところエンジェルちゃんにはメイクをして外出して欲しくないそうだ。周囲はミッシェルさんのように「自分らしくいられればいいではないか」という考え方の人ばかりではない。メイク姿のエンジェルちゃんを変な目で見たり「外でも子供にこんなメイクさせてるの!? 若すぎるし、あなたは親として失格」などと批判する人もいるという。

また雑誌やInstagramなどでも修正して投稿するというイメージが定着してしまっているために、エンジェルちゃんもフィルターなしではSNS用の写真撮影をしたがらなくなっているのだとミッシェルさんは話す。

「娘は将来、女優やメイクアップアーティストになりたがっていますが、巷に溢れるボトックスやリップフィラー、豊胸などの“フェイク”に憧れたらと思うと心配です。娘が今していることに問題ないのですが、もう少し、準備するのに時間をかけないようになればと思うばかりです。私や14歳の姉のように起き抜けのボサボサ頭にジャージ姿で『お店に行こうか』と言う日が来ないかなと思うのですが、きっとエンジェルはそうはならないでしょう。あの子には毎日、ハイメンテナンスが欠かせないですから。」

実は『FalseEyelashes.co.uk』のリサーチによると、イギリス人の母親が子供にメイクやネイルをさせてもいいと思う年齢はなんと2歳ということが判明している。

娘の将来を心配しながらも今はただ見守っているというミッシェルさんに対して「やっぱり親も親なら子も子ね。いい加減目を覚ますべきだわ。バカバカしい」「子供だったら10分で身の回りの支度ができるってこと、親だったら教えるべきよ」「ちゃんと子育てしなさいよ。子供にメイクさせていたら肌だって痛むし。ママのメイクで遊んでみたりするのは普通だけど、これは行き過ぎだと思う」「馬鹿な母親だこと」といった批判の声が寄せられている。

画像は『The Sun 2017年8月23日付「ANGEL'S DELIGHTMum reveals her daughter, 8, spends TWO HOURS getting ready every morning… and her extensive routine involves contouring make-up and braiding her hair」(IMAGE: MICHELLE LAXTON)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)