ドルトムントCEO、CL“死の組”入りで新星誕生に期待「新たなヒーローが生まれるもの」

写真拡大

グループリーグが2連覇中のレアル、トットナムと同居する“死の組”に

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムント(ドイツ)は、現地時間24日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ組み合わせ抽選会の結果、グループHで2連覇中のレアル・マドリード(スペイン)、トットナム(イングランド)、アポエル(キプロス)と対戦することが決まった。

 ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァッケCEOは「最もタフなグループ」と語る一方で、新たなヒーローの誕生に期待を寄せている。英誌「フォー・フォー・トゥー」が報じた。

 チェルシー(イングランド)、アトレチコ・マドリード(スペイン)、ローマ(イタリア)が同居するグループCや、バルセロナ(スペイン)とユベントス(イタリア)という3年前のファイナリストが顔を揃えたグループDも強烈な組み合わせとなったが、その中でもドルトムントの入ったグループHは今大会最も厳しい“死の組”になると目されている。

 ペーター・ボス監督は「この前、レアルがバルセロナと対戦した試合を見て認めなければならない。この試合は現時点で世界最高レベルの試合だ、と。我々はこのチャレンジを受け入れなければならない」と現・欧州王者との対戦に神経を尖らせた。さらに、ヴァッケCEOも「最もタフなグループで、大変なチャレンジになる」と認めている。

プリシッチ、ダフードら期待の若手が揃う

 厳しい戦いが待ち受けるのは間違いないが、ヴァッケCEOは「こういったグループでは新たなヒーローが生まれるものだ」とコメント。チームを高みに導くニュースターの誕生に期待を寄せている。

 ドルトムントは2012-13シーズンのCLではレアル、マンチェスター・シティ、アヤックスという過酷なグループを首位通過し、最終的には準優勝を果たした実績もある。香川やドイツ代表MFマルコ・ロイスら経験豊富な選手に加え、アメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチやドイツU-21代表MFマフムード・ダフードなど次代を担うと期待の若手も豊富に揃える。この中から大会を彩るニュースターは誕生するのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images