坐骨神経痛というとお尻が痛い、しびれるというイメージですが、腰から下の下半身に症状がある場合も。その原因と改善方法をまとめました。

お尻だけでなく、下半身に痛みやしびれを感じることも

イスに座った時に、ゴリっと当たるお尻の骨が坐骨。「坐骨神経痛」というと、このお尻の骨の周りが痛むというイメージを持っている人も多いことでしょう。しかし、腰のほか、太ももの裏や足先が痛んだり、しびれるといった症状も坐骨神経痛の特徴です。坐骨神経は腰から膝あたりまで伸び、その先で2つに分かれて足先まであります。そのため、坐骨神経痛の症状は下半身全体に出る可能性があるのです。
ちなみに坐骨神経痛は、病名ではなく、症状の名前。何かの原因により、坐骨神経が圧迫されたり、刺激されたりすることによって痛みが発生すると考えられています。痛みは圧迫された部分に起こることもありますし、神経を伝わって離れたところに痛みが出る場合もあります。下記のような症状が出ている場合は、坐骨神経痛の疑いがあると考えられます。

・下半身(お尻、太もも、ふくらはぎ、すね、足)に痛みやしびれを感じる
・足に力を入れにくい
・痛みやしびれのせいで、座るのがつらい
・排尿・排便するのにも痛みやしびれが影響している
・お尻を触ると冷たい
・足を動かしたり、体をひねったりすると痛みやしびれが強くなる
・腰痛があり、腰にしびれも感じる。または、ほかの部分にしびれを感じる

痛みやしびれが強く、生活に支障が出ている場合は、すぐに整形外科を受診しましょう。

ストレッチで筋肉をしなやかに保ち予防を

坐骨神経痛の原因とされる病気は、腰椎椎間板ヘルニアがもっとも多く、腰椎すべり症、腰椎分離症、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)もよくみられます。20〜30代に多いのは椎間板ヘルニア、腰椎すべり症は40〜50代の女性、腰椎分離症や脊柱管狭窄症は60代以降に起こりやすいと言われます。ほかにも、坐骨神経痛には下記のような原因が考えられます。

・梨状筋性坐骨神経痛…お尻にある梨状筋という筋肉の下を通る坐骨神経が圧迫されることによるもの
・仙腸関節障害…骨盤の骨である仙骨と腸骨の間にある仙腸関節の不具合によるもの
・根性(こんせい)坐骨神経痛…脊髄の近くで神経根を刺激されたことによるもの
・腰椎性坐骨神経痛…腰椎の関節や靭帯、筋肉などに異常があるために、神経が圧迫されて起こるもの
・症候性坐骨神経痛…神経の圧迫が原因ではないため、原因が特定しにくいもの

残念ながら、整形外科を受診しても坐骨神経痛の原因が特定できるケースは少ないそう。その場合には、痛みや不快症状を緩和するため薬の処方や注射などが行われます。
筋肉を柔軟にして神経の圧迫をやわらげ、血流をよくすることで痛みやしびれを緩和する目的で、ストレッチなどのケアを指導する場合もあります。普段から寝る前などにストレッチを取り入れて、筋肉をしなやかに保つことは、坐骨神経痛の予防のために有効です。ストレッチのやり方は、仰向けに寝て片方の脚の膝を曲げ、曲げた膝を手で胸にぐっと引き寄せましょう。10秒キープしたら反対側の脚も同様に行います。お尻の筋肉が伸びるのを感じられるはずです。

すでに痛みやしびれが出ている場合は、自己流のストレッチを行うと悪化する可能性があります。必ず、医師の指導のもとで行うようにしてください。日頃から運動を取り入れて筋肉を鍛える、正しい姿勢を意識するなども坐骨神経痛の予防に有効です。特にデスクワークなどで長時間座っていることが多い人は、意識するようにしましょう。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと