“ベイル二世”がWBAと5年契約 熟練の名将も伸びしろに期待「とてつもない才能」

写真拡大

ライプツィヒから出場機会を求めて新天地へ、5年総額21億円で移籍が成立

 プレミアリーグのウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)が現地時間25日、RBライプツィヒから“ギャレス・ベイル二世”とも言われるスコットランド代表MFオリバー・バークを獲得したと発表した。

 チームを率いる名将トニー・ピューリス監督は「とてつもない才能」と大きな期待を寄せている。

 クラブ公式サイトの発表によれば、バークは5年契約に合意。移籍金は非公表だが、英紙「デイリー・メール」は1500万ポンド(約21億円)とレポートしている。ノッティンガム・フォレストの下部組織出身で、2015年には英3部のブラッドフォードに期限付き移籍して経験を積み、昨夏にRBライプツィヒに加入していた。

 昨季ブンデスリーガ2位と躍進遂げたRBライプツィヒで序盤戦は出場機会を手にしたが、コンスタントにプレーできなかった。出場31試合のうち先発は5試合のみ。クラブはUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得したが、出場機会を求めて移籍を決断した。

「移籍し、より多くの試合でプレーする時だと感じた。ここで印象を残し、僕の名前がチームシートに真っ先に載るようになりたい」

 バークはWBAでの飛躍を誓っている。

監督も絶賛「彼を迎えることができて嬉しい」

 指導歴25年以上を誇るピューリス監督は、バークの加入について「彼を迎えることができて嬉しい。彼はとてつもない才能を持っている」とそのポテンシャルを絶賛。「まだ未熟なところもあるが」と課題も指摘しているが、それでも異国の地で積んだ経験などからさらなる伸びしろに期待しているという。

「今年の夏、U-20スコットランド代表の試合を見たが、彼は並外れていた。彼と一緒に仕事をするのが楽しみだ」

 指揮官も絶賛する20歳のベイル二世は、プレミアリーグの舞台で一流選手への階段をかけ上がることができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【写真】WBAが公式ツイッターで紹介した“ベイル二世”バークの新ユニホーム姿

https://twitter.com/WBA/status/901006419721375744

WBAが公式ツイッターで紹介した“ベイル二世”バークの新ユニホーム姿