ヨアヒム・レーヴ代表監督は、8月31日と9月4日に行われるワールドカップ予選に向けた代表メンバーを発表。今夏に優勝を果たしたコンフェデ杯のメンバーからは、17選手が選出されており、さらにフメルス、ミュラー、ゴメス、ケディラ、クロース、そしてエジルらが復帰している。

ヨアヒム・レーヴ代表は「今シーズンが終われば、我々にはロシアでのワールドカップというハイライトがが待ち構えている。そこで我々は再び優勝を果たしたい」と述べ、「選手たちは何を期待されているからを理解しているし、それと同時にどれほどの強敵たちが待ち構えているかもわかっているよ」と意気込みを語った。

GK:
ベルント・レノ(レヴァークーゼン)
マーク=アンドレ・テル=シュテーゲン(バルセロナ)
ケヴィン・トラップ(パリSG)

DF:
マティアス・ギンター(グラードバッハ)
ヨナス・ヘクター(ケルン)
ベンヤミン・ヘンリクス(レヴァークーゼン)
マッツ・フメルス(バイエルン)
ジョシュア・キミヒ(バイエルン)
アントニオ・リュディガー(ローマ)
ニクラス・ズーレ(ホッフェンハイム)

MF/FW:
ユリアン・ブラント(レヴァークーゼン)
エムレ・ジャン(リヴァプール)
ユリアン・ドラクスラー(パリSG)
セルゲ・ニャブリ(ホッフェンハイム)
マリオ・ゴメス(ヴォルフスブルク)
レオン・ゴレツカ(シャルケ)
サミ・ケディラ(ユベントス)
トニ・クロース(レアル・マドリード)
トーマス・ミュラー(バイエルン)
メスト・エジル(アーセナル)
セバスチャン・ルディ(ホッフェンハイム)
ラース・シュティンドル(グラードバッハ)
ティモ・ヴェルナー(ライプツィヒ)
アミン・ユネス(アヤックス)