遠回しに断っている!実は男性がこっそり出している「脈なしサイン」

写真拡大



好きな男性にそれとなくアプローチしているけど、手応えがない。
単に気づいていないということもあれば、脈ナシ、ということもあります。


会社の同僚や学校のクラスメイトなど、恋愛以外の関係がそこにある場合、男性もその気がなくても、あまりきつい断り方はできません。


なんとか気づいてもらえるように、それとなく遠回しに逃げたりもしているでしょう。


そこで今回は、実は男性がこっそり出している「脈なしサイン」を紹介します。

■1.「正反対のタイプ」を好きだと告げる

「興味のない女性には、その子とは真逆のタイプの女性を好きだと言ったりしますね。そこまで言えば、さすがに脈がないということにも気づいてくれるかなって…」(27歳/男性/IT)


「好きな女性のタイプ」を聞いた際に、あなたとはまるで正反対のタイプや全くあなたとは違うタイプの女性の特徴を挙げられたら、遠回しに拒否されている可能性が高いかも。


気になる女性からそんな質問をされた場合は、どこかその女性に似た部分を告げて、思いをアピールだってするはずです。
全く違うタイプを告げるのは、あなたは恋愛対象ではないとそれとなく主張をしているのでしょう。

■2.「今度行こう」で逃げる

「好きでもない女の子から誘われたら、『今度行こうね』で逃げますね。完全に社交辞令ですけど、これが一番キレイに逃げられる方法のような気がします」(26歳/男性/営業)


食事とか遊びに誘ってみても、「今度行こう」と言われることが多いのであれば、それはただの社交辞令で、本当は行く気など全くないのかも。


はっきりと「行きたくない」とはさすがに言えないし…というときに、一番使えるひと言でもあるでしょう。


「仕事がひと段落したら行こう」とか「行けたら行くよ」なども、実はお断りのセリフである確率が高いですよ。

■3.「誰かいい子いない?」と聞く

「『誰かかわいい子、紹介してよ』って言えば、君のことは恋愛対象として見ていないってことがわかってもらえるかなって思います。軽いノリでさりげなく言いますね」(27歳/男性/音楽関係)


男性は自分が気になっている女性の前で、他の女性の存在を匂わすようなことは絶対にしません。


ましてや、「誰かいい子いない?」なんて、他の女性を紹介してもらおうなんてことするわけがないです。


あなたのことを女性としては見ていないということを告げるために、あえてこんなことを言って予防線を張っているのかも。

■4.自分のことを「悪く言う」

「気がない女性から好意を感じたら、自分のダメなところをたくさん告げて、嫌われるようにしようとします。『そんなにいい男じゃないよ』って間接的に伝えますね」(29歳/男性/公務員)


興味がない女性が、自分に好意を持っていると気づいたら、男性は何とかして嫌われようとしたりもします。


「俺は女癖が悪いから」とか「俺は金遣いが荒いから」などと、自分で自分を悪く言ったりもするかも。好きな女性の前では、絶対に嫌われたくないので、そんなことを自分から言い出すわけがありません。
あなたにこれ以上の好意を持たれたくないという気持ちなのでしょう。

■おわりに

興味のない女性から好意を感じたら、男性はそれとなく「脈なしサイン」を出してきたりするものです。


そのサインに気づいたら、早めに改善すべき部分は改善しないと、なかなかその恋は成就しないでしょう。 (山田周平/ライター)


(ハウコレ編集部)
(ササキミウ@M_Y_3733/モデル)
(Yoshifumi Shimizu/カメラマン)