チャン・グンソク、日本を目指したきっかけはSMAPの“ある姿”だったと告白

写真拡大

チャン・グンソクが、8月26日放送の『おかべろ』(カンテレ、毎週土曜14:24〜)にゲスト出演。日本進出を目指した理由や、日韓の芸能界の違いを明かす。

この番組は、テレビ局近くのダイニングバーを舞台に、常連客の岡村隆史(ナインティナイン)と店主の田村亮(ロンドンブーツ1号2号)が、有名人から“ここだけ”の話を引き出していくシチュエーショントークバラエティ。

1年のうち4カ月ほど日本に滞在するというチャン・グンソク。日本を意識するようになったきっかけを尋ねられると、SMAPが演技、歌、バラエティと多方面で活躍している姿を中学生の頃に韓国のテレビで見で衝撃を受けたことを明かし、これがきっかけで、全部をこなせるエンターテイナーを目指したことや、絶対に日本に行きたいという思いが芽生えたと告白。

また、日本と韓国で活躍する中で感じた、両国の芸能界の違いについて「韓国ではマネージャーと24時間一緒にいるのも当たり前」と打ち明け、現在のマネージャーとは6年間一緒に過ごしていると言い、「僕の内緒やプライベートを全部知っているから、辞めたらダメです!」とコメント。マネージャーに頭が上がらないようで、いつも「“会長”、お疲れさまでした!」などと挨拶し、丁寧に接していると話し、それを聞いた岡村は「うっとうしくない!?」と驚きを隠し切れない様子。さらに、日本のお笑い特有の“ある行為”に衝撃を受けたエピソードを明かすほか、恋愛報道に対する芸能人の対応や女性の性格など、日本と韓国の違いを語っていく。

さらに、「料理は自信がある!」と豪語するチャン・グンソクが、岡村と亮のために特製の「プデチゲ」を作ることに。さらに「焼酎を飲みたくなった!」と発言すると、岡村が、韓国で焼酎を飲む際のパフォーマンスについて話し始める、焼酎が用意されると思わぬハプニングに発展していく。