ELで酒井宏と南野の日本人対決実現へ 大迫のケルンは強豪アーセナルと同組

写真拡大

右サイドバックの酒井と左アタッカーの南野、直接マッチアップも期待

 ヨーロッパの舞台で日本人直接対決が実現する。

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)は本戦のグループステージ抽選会を行い、日本代表DF酒井宏樹が所属のマルセイユとFW南野拓実が所属のザルツブルクが同組になった。

 ポット1に入っていたザルツブルクがグループIに入ると、導かれるようにしてポット2のマルセイユが同組へ。ともにプレーオフを勝ち上がって本戦へコマを進めていたが、直接対決となった。右サイドバックの酒井と、左アタッカーを最も得意とする南野は直接のマッチアップも期待される。もっとも、南野はオーストリア1部リーグ第5節のザンクト・ペルテン戦で負傷し、21日に右膝内側側副じん帯の部分断裂で全治6週間と診断されており、戦線復帰にはしばらく時間を要しそうだ。

 また日本代表FW大迫勇也が所属のケルンは、イングランド・プレミアリーグの強豪アーセナルと同組に。昨季は不調だったものの、アーセン・ベンゲル監督が率いるプレミアリーグでもトップクラスのチームを相手に大迫がどのようなプレーを見せるか注目される。ここにはUEFAチャンピオンズリーグ出場経験もあるベラルーシのBATEボリゾフと、セルビアのツルベナ・ズベズダが入った。他にはヴィトーリアSC(ポルトガル)とコニャスポル(トルコ)が同組になっている。

原口のヘルタは…

 日本代表FW原口元気が所属のヘルタ・ベルリンはアスレチック・ビルバオ(スペイン)との対戦。今夏の移籍市場で契約延長を拒否したものの移籍が実現せず苦境にある原口だが、このELで出場機会をつかんでいくことはできるだろうか。

 他では、久しぶりのヨーロッパの舞台になるACミラン(イタリア)がウィーン(オーストリア)、リエカ(クロアチア)、AEKアテネ(ギリシャ)と同組に。元イタリア代表FWマリオ・バロテッリと元オランダ代表MFウェスレイ・スナイデルが所属するニース(フランス)は、イタリアの強豪ラツィオと同組になっている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images