24日、韓国・ニュース1によると、来月、いすゞが3.5トントラック「エルフ」を韓国で発売する。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。

写真拡大

2017年8月24日、韓国・ニュース1によると、日本のいすゞ自動車が3.5トントラック「エルフ」を来月韓国で発売する。

韓国の現在の商用車市場は、韓国の自動車最大手・現代(ヒュンダイ)自動車と、インド・タタモーターズの子会社「タタ大宇(デウ)」が、1トントラックからトラクター、ダンプトラックなどの大型商用車までのシェア1・2位を2分している。ここに、米ゼネラル・モーターズの子会社「韓国GM」が小型商用車を供給している構造だ。

ここに加わるいすゞの「エルフ」は、現代自の「マイティ」が独占している中型トラック市場で競争を繰り広げることになる。

大型商用車では、すでに十数年前からボルボ・トラック、MAN、ダイムラートラックといった欧州メーカーが韓国市場に進出して定着した状態。今年に入り7月までに、欧州商用車メーカーの新規登録台数(韓国輸入自動車協会集計)は2619台、建設機械に分類されたダンプトラックまで加えると販売量はさらに増える。

一方、小型商用車市場では中国企業が勢力を広げている。北京自動車の韓国独占輸入会社「中韓自動車」が販売する「CKミニバン」と「CKミニトラック」は、中国製との理由で否定的な見方も一部あるというが、国産モデルより優れた利便性と安全性仕様を武器に、安定した販売を行っている。その結果、韓国GMの場合、今年1〜7月までの商用車販売台数が前年同期(6472台)比19.5%減の5207台となった。

ニュース1は、海外の商用車メーカーが積極的に韓国市場に進出する理由として、「高い商用車需要と、広い領土を持った他国に比べてサービスインフラの構築が容易という利点を挙げることができる」と分析した。

業界関係者は、「商用車市場は乗用車より規模は小さいが、収益性が高い。海外メーカーがこれまで国産商用車にはあまり搭載されなかった安全仕様と高級仕様を前面に打ち出したモデルをリリースしているだけに、国内ブランドも製品競争力を備えることが必要」と述べた。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「3.5トン車だけじゃなくて、1トン車も売って欲しい」「いすゞのトラックは故障もないし、トラックなのにセダンのような感じがする」「いすゞは大歓迎だ」など、いすゞがトラックを販売することに多くの歓迎の声が寄せられている。

また、「ついに商用車まで…韓国メーカーは震えてるだろうな」「いすゞのトラックに価格競争力があれば、現代のトラックはつぶれるね」と、韓国メーカーの危機を指摘する声も目立った。(翻訳・編集/三田)