韓国の人気グループJYJのユチョンさんが25日、兵役の義務を終えた。現役兵ではなく社会服務要員(兵役代替服務制度の一つ)としてソウル・江南区庁で2年間勤務したユチョンさんは、出迎えに駆け付けた大勢のファンに対しあいさつしたが、今後の活動計画については触れなかった=25日、ソウル(聯合ニュース)
(END)
【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループJYJのユチョンさんが25日、兵役の義務を終えた。

 現役兵ではなく社会服務要員(兵役代替服務制度の一つ)としてソウルの江南区庁で勤務したユチョンさんは、「きょうで24カ月の勤務を終えた。勤務期間中は多くのことを感じ、考えた」と語った。

 昨年6月に4人の女性から性的暴行容疑で相次いで告訴されたことや、今年9月に予定されている大手乳業会社・南陽乳業の創業者の孫との結婚については直接触れなかったものの、「この場を借りてファンの皆さんに心より謝罪し、感謝を伝えたいと思っていた」と述べ、間接的に心境を伝えた。

 また「多くの方が心配してくださり、応援してくださったことはよく理解しており、今後は自身を省みる時間を持つようにする」と話した。

 ユチョンさんは、江南区庁前に集まった約100人のファンに向け、涙を浮かべながら「忙しい中、来てくださり感謝している」とあいさつした。芸能界への復帰時期など今後の活動計画については触れなかった。