天月-あまつき-、全国ツアーセミファイナル「今日も僕の世界を作ってくれてありがとう」

写真拡大

天月-あまつき-が8月23日(水)、東京 西新井文化ホールで全国ツアー<天月のやりたい放題TOUR 2017>のセミファイナル公演を行った。

◆ライブ画像

全国10カ所で開催された<天月のやりたい放題TOUR 2017>は全公演ソールドアウト、セミファイナルにあたる西新井文化ホール公演のチケットも会場のキャパシティに対して5倍強という倍率でソールドアウトを果たした。本ツアーは会場ごとに異なる演奏形態がとられていたが、本公演ではギター、ベース、ドラム、キーボードのバンドセットにて楽曲が披露された。

ペンライトの赤い光が一面に輝く会場に天月-あまつき-が登場し「素敵な1日に絶対するから。最後までよろしくね!」と述べ、一曲目に「アストロスト」を披露。その勢いのまま「DiVE!!」へと繋げ、身振り手振りでファンを煽いでいく。MCでは「ツアーを回って色々と学んで帰ってきたなと思う。残された夏を使い切りたい。精一杯歌わせていただきます。」とツアーの感想が述べられた。

7月19日(水)にリリースされた両A面シングル「Mr.Fake / ツナゲル」収録曲を披露した後は、ツアータイトルにもある“やりたい放題”という言葉通り自身のアイデアが詰まったメルヘンなカフェテラスのセットが登場。ゲストにあほの坂田を招いてのトークや「太陽系デスコ」(カバー:ナユタン星人)と「ないものねだり」(カバー:KANA-BOON)のコラボ歌唱で、会場を盛り上げる。その後も「ハートフルエッジ -Acoustic Arrange-」や自身が作曲を手掛けた新曲、ピアノやギターを自ら演奏するなどの意外性と挑戦心を見せつけ、ラストは季節感溢れる「流れ星」で本編が終了した。

アンコールに応えて登場した天月-あまつき-は妖艶な浴衣姿で「夏祭り」(カバー:JITTERIN’JIN)を熱唱し、今冬にもワンマンツアーを開催することを発表した。そして「あなたの人生に僕が関わっていることに感謝です。終わりじゃなくて、次を感じてほしい。今日も僕の世界を作ってくれてありがとう!”と感謝の気持ちを述べて「Hello,My Story」と「ホシアイ」(カバー:レフティーモンスターP)でファイナル公演が幕を閉じた。

天月-あまつき-は今後、本ツアーのファイナル公演として9月10日(日)に熊本城二の丸広場特設ステージでのフリーライブが決定している。

文◎羽村萌
写真◎Tatsuya Kawasaki
編集◎BARKS

<「天月のやりたい放題TOUR 2017」Final フリーライブ>
9月10日(日)開場15:00/開演16:00/終演17:00(予定)
場所:熊本城 二の丸広場 特設ステージ
入場無料
※雨天決行/荒天中止