【オネエが斬る!】期待しないで!その男の視線に意味は無し!

写真拡大

古今東西、異性からの視線は何らかの意味があるととらえられてきた。セックスのことを「目合ひ(まぐわい)」などと表現することもあったほどだ。「教えて!goo」でも、「上司が毎日のように私の胸元を見てきます」という相談があった。上司が毎日のように自分の胸元を見てくるが、どういう心境なのかと問いかけるものだ。投稿内容から、どうやら相談者はこの上司に好意を持っていることが伺えるが……? さっそく、「恋にこじれてもはや持病」と自身を評するagari先生に、率直な見解を伺ってみた。その回答やいかに……?

■ハッキリ言って自意識過剰!

質問を一読したagari先生は、ハッと鼻で笑った。おっとこれは辛口の予感……?

「なんなのかしらこれ。ジマン? えっ、なんか腹立たない? 仕事の制服を着ているのに胸をガン見されて『なんか嫌だ』ならわかるし、セクハラされてるなら我慢して苦しむな!って応援したいんだけど、『私は好意を持っています』? これって苦しんでないって理解でいいのよね? 相談者は好意ある男性に見られてカイカンなんでしょ。一言でいえば、『うん、アンタが自意識過剰』。次! って感じよ」(agari先生)

やはり手厳しい反応……。制服のデザインによっては胸が強調されている可能性もなくはないですが、どうなんでしょうねぇ。

「制服のデザインに問題があって、女性として不快を感じて仕事にならないならば、制服を変えてもらうとか、行動を起こすほうがいいんじゃない? ハッキリ言って、もし上司の視線が誰もが認めるところで、かつ不快なら、ちゃんと他の上司に相談したほうがいいわ。我慢しないで、今は、問題を訴えたほうがいい時代になってるでしょう。でも、この相談者はこの上司が好きなんでしょ?『好きなら見せとけば?』としか言いようがないわよ」(agari先生)

正論でバッサリと斬りまくるagari先生に思わずうなずく。その視線が嫌なら訴えればいいが、今回の相談者はそうではないようだ。

■男が胸を見るのは本能よ!

では、なぜ上司は彼女の胸を見てしまうのだろうか。その視線に彼女への好意はあると思いますか? 教えてください!

「アンタ、そんなこともわかんないの? 男を擁護するつもりはないけど、仮に本当に上司が相談者の胸をガン見していたとしても、男が胸を見るのはただの本能よ。男って生き物は、性的な魅力にダイレクトに反応してしまうものなの。ついつい見てしまうと、相手が好きかどうかなんて別問題なの。女だって、性的に魅力を感じたら、さりげなく見ちゃうでしょう? ただ、女性が性的な魅力を感じる場所は、指や腕の筋肉っていわれているから、やっぱり男とは違うのよ。胸やお尻のようにダイレクトな場所じゃないってだけで、男も女も本質に違いはないわ」(agari先生)

うっ。確かに、ガン見しなくても、きれいだなとかカッコいいなと思う場所はついつい視線が行ってしまう。かといって、相手に惚れたわけではない場合もあるというのは同意です……。

「ほら見なさい! アンタも同じ穴の狢よ! だからこの質問者の『どう思っているか?』への答えをするとするなら『期待しないほうがいい』としか言いようがないわね。その視線が不快ならやめてもらうように行動。もう一度自分に問いただしてみて、嬉しいなら胸は魅力的に映ってるかもしれないから、中身も充実させてがんばってみれば?」(agari先生)

agari先生の見解は「男が女の胸などに向けてしまう視線は、ただの本能であり、過度な期待しないほうがいい」といったものだった。厳しい言葉ももらってしまったが、あなたはどう思うか。

【今日の agari 先生の名言】好きな人から送られる視線が気になる人は必読!
「視線の先がセックスアピールにつながる場所なら、カラダは魅力的に映ってるってことよ。問題は中身ね!」

●恋愛アドバイザー:agari
普段はアート関係の仕事に従事。「人の悩みは蜜の味」と感じる性格が災いし、LGBTの悩みや、男女の恋愛問題に首をツッコミ、勝手に叱咤激励してきた。自身を「恋にこじれてもはや持病」と評し、他人へのアドバイスだけはお手の物。夜な夜な素敵な男性を求めて上野界隈のバーに出没中。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)