JR東日本千葉支社は、房総エリアでのサイクリングをより気軽に楽しめるよう、自転車を折りたたまずにそのまま乗車できる列車「BOSO BICYCLE BASE(房総バイシクルベース)」を運行すると発表した。

コンセプトは「房総の各地を、バイシクル(自転車)で、駆け巡るためのベース(基地)」。209系電車6両を改造し、車内に99基のサイクルラックと座席を設ける。外観はコンセプトである「基地」をイメージしたグレーをベースに、ロゴ・号車番号・B.B.BASEオリジナル自転車をアクセントにデザインした。

運転区間は房総エリア、運行開始は2018年1月で、旅行商品での発売を予定している。