「ゆがみ太り」という言葉は聞いたことがありませんか?ゆがみ太りは、骨盤や骨格がゆがんでしまったために身体が太ってしまう・太って見える現象です。「いくらダイエットをしても痩せない」と嘆いている人の中には、身体のゆがみが起因している人もいるのです。この記事では、ゆがみ太りについてご紹介していきます。

筋肉の付き方がゆがんでいる

筋肉は、身体の様々な骨格を支えている存在です。そんな筋肉だからこそ、付き方のバランスが悪ければ骨格が上手く支えられなくなってしまいます。その結果、お腹や背中に脂肪が付きやすくなってしまうのです。筋肉から骨格がゆがんでしまうのには、猫背などの普段の姿勢が起因しています。スマホばかりを見ていることで首が下を向きがちな現代人にもよく見られる症状ですね。整体などに行くと、マッサージで筋肉や骨格のゆがみを解消してもらえますよ。

骨盤がゆがむと下半身が太る

女性は特に、男性と比べて骨盤が大きいため骨盤が開き、ゆがんでしまう人が多くいます。もちろん男性でも、立つときや座るときの姿勢が悪ければ骨盤にゆがみが生じてしまう人がいます。骨盤がゆがんでしまうと、下半身への血流が悪くなってしまいます。その結果、お尻や太ももの付け根、それから内ももなどに老廃物がたまってむくみが出てしまうのです。また、筋力が落ちて脂肪がつきやすくなるといったトラブルも起こりがちです。

身体がゆがむと脚のラインもゆがむ

よくあるO脚やX脚といった足のラインのゆがみ、コンプレックスに感じている人が多いのではないでしょうか?身体中の様々な骨格がゆがんでしまうと、連動して骨盤が開いたりゆがんだりしてしまいます。そこからさらに連動して脚のラインにゆがみが生じ、O脚やX脚になってしまうのです。O脚・X脚になると、身体のラインそのものがゆがんでしまうため実際の身長よりも低い身長になってしまいます。低身長にコンプレックスを抱いている人は、身体のゆがみを改善するのも良いですね。

身体のゆがみは日頃の姿勢やマッサージで改善

日頃から姿勢が悪いと身体の様々な部位にゆがみが生じてしまいます。日頃から背筋を真っ直ぐに伸ばすことや、身体を動かすことを意識しながら身体のゆがみを改善していきましょう。また、身体をマッサージすることで身体のゆがみを少しずつ解消することもできます。お風呂の中や眠る前などに脚や肩をセルフマッサージするのもおすすめですよ。


writer:さじや