『Mステへの階段ウルトラオーディション』最終審査進出10組(画像提供:テレビ朝日)

写真拡大

【ミュージックステーション/モデルプレス=8月25日】9月18日に放送される大型音楽プログラム『ミュージックステーションウルトラFES2017』への出演権1枠をかけ行われている、番組史上初のオーディション企画『Mステへの階段ウルトラオーディション』が、9月2日に決戦の時を迎える。8月25日には、2次審査を突破した10組が発表された。

「Mステ」出演オーディション「Mステへの階段」、2次審査突破10組発表<通過者一覧>

応募総数が2千組を超える中、書類および動画・音源審査の1次、一般ユーザーによるWeb投票(総投票数300万票)の2次審査をくぐり抜け、最終審査に進んだのはさまざまな音楽ジャンルの10組。ロックバンド、フォークデュオ、ラップミュージシャン、男性アイドルグループ、歌って踊るソロアーティストといった個性あふれる面々が、『ウルトラFES』出場の1枠を狙い、最後の戦いとしてスタジオでの生演奏に挑む。

以下、最終審査進出10組。

◆SHAKE


兄の瞬はマウントレーニアホールや渋谷duo、渋谷クアトロなどで毎年ワンマンライブを行う。弟の陸はEX THEATERや赤坂BLITZなどのステージに立ち、ドラマーとして着実にその名を轟かせている。瞬の圧倒的な歌唱力とパワフルなピアノ、陸のアグレッシブなドラム、何より兄弟のグルーブは必聴。

◆情熱マリ子


歌って踊るシンガーソングライター。全楽曲の作詞作曲を自ら行う。普段は「すみません」が口癖な程に恐縮過ぎるトークを展開。対照的に歌やダンスで魅せるパフォーマンスは圧巻でそのギャップも情熱マリ子の魅力の1つ。

◆TANEBI


プロのストリートミュージシャンとして年間200本以上のストリートライブをこなしZeppなんばでのワンマンライブを成功させたシンガーソングライター上田和寛と、乃木坂46「君の名は希望」中島美嘉「一番綺麗な私を」家入レオ「ずっと、ふたりで」等のヒット曲を提供する作曲家 杉山勝彦によるフォークデュオ。

◆中村伊織


奥田民生を愛する18歳女性シンガーアコースティックギター1本で独創的な世界観を歌い上げる。

◆なすお☆


YouTubeで話題のからふるせんちめんたるシンガー。総再生回数は500万回を突破したという。20代から多くの支持を得て、2016年には「VAMPS HALLOWEENPARTY 2016」出演や、ゲームアプリ「駅メモ」CMタイアップなどを実現した。

◆フェイクブルー


大阪中心に活動中の男女混成3人組。耳馴染みのよいメロディーが心地よい正統派ロックバンド。

◆POLU


徳島からエントリーボーカル丸山純奈はなんと13歳。透明感あふれる歌声が魅力。徳島を拠点とし、全国各地の港や倉庫街といった水辺を中心にライブツアー活動をしている。

◆みかんサイダー


18歳ちなつと17歳あきの元演劇部先輩後輩ユニット。主にミックスチャンネルやTwitterで動画投稿や、生配信をしたりして活動している。

◆MeseMoa.


動画投稿サイトで投稿をしていた友達同士で結成された9人組ボーイズグループ。2015年に目標としていた中野サンプラザでのワンマンライブを即完売。2016年には47都道府県ツアーを敢行するなど精力的に活動中!

◆RHYMEBERRY


多幸感で包み込むLIVE,RAP&PEACEな新世代ラップアイドル。日本語ラップの猛者からも認められ、フリースタイルMCバトルにも参加するMC MIRI、唯一無二の独特なフローのMC MISAKI、ゴルフが得意なMC YUIKA、声優などマルチな活動を見せるDJ OMOCHIからなる4人組。

◆審査員も豪華メンバー


最終審査の模様は「AbemaTV」にて完全生中継。審査員には、豪華なメンバーが集結予定。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】