無自覚の行動が”ナンパ待ち”と思われてるかも?ナンパ師が「声をかける基準」3パターン

写真拡大

【相談者:20代女性】

恥ずかしながら男性と付き合ったことがありません。
24歳の大学生です。
最近、ナンパされることが多くなりました。
多いときだと2〜3日に1回くらいナンパされるのですが、怖いのでいつも無視してしまいます。

男性がナンパする基準って何なのでしょうか?
男性とお付き合いしたことがないというのが、ややコンプレックスなのですが、ナンパについていったら何か変わるのでしょうか?

●何かを変えたいなら“環境”にたよるな!

ご質問ありがとうございます。
ライターのmakirinです。

ナンパされる頻度が2〜3日に1回とは、かなり多いですね。
失礼ですが、それだけ質問者様が“ナンパしやすい”雰囲気を出されているということかもしれません。

“ナンパについていったら何かかわるでしょうか?”とありますが、どう変わることを期待していますか?

「もしかしたらこれが運命の出会いになるんじゃないか」
「相手が私にベタ惚れ、結婚することになったりして……」

――こんなことが起こるのは、ほぼ少女漫画の中だけの話と言ってしまっても過言ではありません。
興味本位でナンパに付いていくのは危険があるということを理解しましょう。

「東京に行ったら何かかわるかも」と、上京する人が多くいらっしゃいます。
その人たちは果たして「何か」を変えることができるのでしょうか?
自分の努力なしに、環境だけに頼っていてもまず成功しません 。

この例と一緒で、ナンパに付いていったからといって“受け身”ならば、何も変わることはありません。
それどころか、無理矢理ホテルに連れ込まれる……等の危険性がないとも言い切れません。
軽い気持ちでナンパに付いていかない方がいいのではないでしょうか。

これから、ナンパされやすい女性の特徴を挙げていきますので、参考にしてみてくださいね。
もし、これ以上ナンパされたくないと思われているのであれば、その特徴になるべく当てはまらないようにするのも手です。

●(1)優しそうな雰囲気がある

『冷たくあしらってこなさそうだから、声をかけやすい』(28歳/広告)

優しそうな雰囲気があると、ナンパされやすい傾向があります。
ナンパをする男性は、なるべく誘いを断らなさそうな女性を選ぶからです。

おどおどしていたり、ちょっと気の弱そうな雰囲気の女性は、ナンパをする男性にとって声をかけやすい存在なのでしょう。
逆に、美人でもちょっとキツイ雰囲気のある女性に声をかける男性は多くありません。

誘う隙があるかどうか が、ナンパされやすいかどうかの基準になっているといっても過言ではありません。

●(2)露出度の高い服を着ている

『遊んでそうだし、ナンパされ慣れてそうだから声をかけやすい』(25歳/商社)

露出度の高い服を着ていると、軽そうなイメージを持たれやすいため、男性から声をかけられやすくなります。
ファッションは自由ですが、ナンパされたくないときは露出度の低い地味な格好をするのがオススメです。

●(3)暇そうにしている

『ナンパ待ちかな?と自分に都合のいいように考えて声かけに行きます(笑)』(33歳/商社)

忙しそうにしている女性に声をかけても相手にされづらいので、ナンパをする男性はより暇そうにしている女性に声をかけてきます。
スマホばかりいじっている・何となく街をフラフラしている……暇そうに見られるシチュエーションは様々です。

特に人通りの少ない場所をフラフラしていると声をかけられやすいので、ナンパを避けるなら人通りの多い場所を中心に行動するといいでしょう。
人通りの多い場所は、人目もあるためか逆にナンパされづらい傾向があります。

男性とお付き合いしたことが無いのがコンプレックスということですが、コンプレックスを解消するためにナンパに付いていくのはオススメ出来ません。
他に異性と出会うチャンスはたくさんありますし、わざわざナンパをする男性を選ぶ必要はないでしょう。

----------

24歳の大学生、まだまだ出会いは沢山ありますよ!
あなたが本当に好きになった男性と結ばれることを、心より願っています。

●ライター/makirin(恋愛アドバイザー)