“サッカー戦争”勃発! 試合中に爆竹破裂で選手同時直撃、一時騒然の衝撃ハプニング

写真拡大

オリンピアのホームでスタンドから爆竹が投入

 CONCACAFチャンピオンズリーグ、準々決勝のCDオリンピア(ホンジュラス)対アリアンサFC(エルサルバドル)は8月24日に第2レグが行われ、3-1で勝利したオリンピアが2戦合計3-2でベスト4進出を決めた。

 試合中にはスタンドから爆竹が投げ込まれ、選手を直撃する“大事件”が勃発した。

 8月24日、オリンピアのホーム・ホンジュラス国立競技場(エスタディオ・ティブルシオ・カリアス・アンディーノ)で、衝撃の光景が広がった。

 敵地での第1レグを0-1で敗れたオリンピアが前半2分に先制し、その後失点を許すも後半10分に再びゴールを奪い、2戦合計2-2で迎えた89分。オリンピアがコーナーキック(CK)を獲得し、両チームの選手がゴール前に集まった瞬間、スタンドから小さな火の玉のようなものが投げ込まれ、ピッチで爆発した。大きな音とともに、白煙を巻き上げて飛び散った爆竹がアリエンサの選手の顔面を直撃したのだ。

 一人はすぐに立ち上がったものの、数選手が顔を押さえてピッチに倒れ込み、試合は一時中断。両軍が入り乱れ、主審はマッチコミッショナーへの状況確認に追われるなど、スタジアムは一時騒然とした。

爆竹の影響か…被害クラブがまさかの失点

 幸いにも選手は大事には至らず、4分後にCKからプレーが再開されたが、爆竹の影響があったのか、被害クラブであるアリエンサは後半45+5分にまさかの失点。2戦合計スコアでオリンピアに逆転され、準々決勝で姿を消した。

 スペイン語版の米スポーツ局「Univision Deportes」は、「アリアンサの選手は爆竹によって攻撃された」とのコメントとともに公式YouTubeチャンネルに動画を公開。エルサルバドルの総合情報サイト「エルサルバドル・ドットコム」も、「アリアンサはオリンピアとの“サッカー戦争”に敗れた」と報じた。

 南米ではサポーターが熱いゆえ、発煙筒や爆竹が投げ込まれるシーンは珍しくないが、北米、しかもはFIFAクラブワールドカップへの出場権が懸かった大会で起こった出来事だけに、波紋を呼びそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】Univision DeportesがYouTubeチャンネルで公開した「爆竹破裂」の瞬間

https://www.youtube.com/watch?v=YhwjlQ3H1FI

Univision DeportesがYouTubeチャンネルで公開した「爆竹破裂」の瞬間