Netflix映画『Death Note/デスノート』ベビレとアンガールズ田中がジャパンプレミアに乗り込み

写真拡大

Netflixオリジナル映画『Death Note/デスノート』が、2017年8月25日(金)より全世界同時オンラインストリーミングを開始する。この配信開始を記念して、前日24日(木)に豊洲PITにてジャパンプレミアが開催された。

本作は、大場つぐみ(原作・原案)と小畑健(作画)による週刊少年ジャンプの人気コミック『デスノート』のハリウッド実写映画版。ジャパンプレミアでは監督であるアダム・ウィンガードをはじめ、主人公ライト・ターナー役のナット・ウルフ、L役のラキース・スタンフィールド、ミア・サットン役のマーガレット・クアリーらハリウッド期待の若手キャスト、そしてプロデューサーを務めるマシ・オカが来日しての登壇となった。さらにスペシャルゲストとして、アンガールズの田中卓志さんと、原作の大ファンというベイビーレイズJAPANの5人もプレミアに参加した。

全世界同時配信を前日に控え会場の熱気が徐々に高まるなか、キャストとスタッフはリムジンに乗って到着。レッドカーペットの両側に所せましと並んだ年齢層の幅広いファンたちに、丁寧にファンサービスに応えていた。

舞台挨拶では、映画についてアダムが「監督である自分にとって、本作は色々なことを模索し、探求できる機会だった。スリラー、アクション、ホラーと様々なジャンルのマッシュアップになっている」とコメント。また、「本作でこだわったのは死神のリュークだ。実際に触れることができるような、皆さんがこれまで見たことのないような形で、原作に命を吹き込みたかった」と本作の狙いを明かした。

本作に出演、またプロデューサーとしても参加したマシ・オカは「原作者の先生方が納得する作品を作ること」が本作で目標としていたことだと述べ、日本の大人気漫画をハリウッドで映画化した経緯を振り返った。日本版の映画でもキャラクターの濃さが目立っていたが、ナットは「キャストとの共演も楽しみだったが、撮影の前にアニメと漫画を読んだら、すごいファンになった。監督は見事にデスノートの世界を作り上げた」と称賛。ラキースは舞台挨拶中におもむろにしゃがみこむと、「Lというキャラクターが自分も大好き」と叫ぶなどL役にのめり込んでいる様子だった。またマーガレットは「力強く野心的なミアを演じることにワクワクした」と、その強い女性像に共感を示し、それぞれにキャラクターへの思いを語った。

ここで、原作のファンだというベイビーレイズJAPANのメンバーがスペシャル・ゲストとして登場し、死神リュークの大好物であるリンゴをモチーフにしたブーケを各登壇者へプレゼントした。メンバーの林愛夏からの「もしデスノートが手に入ったらどうするか」という質問に対し、マシ・オカが「お中元として誰かに渡します」とコメントすると会場からは爆笑が起こった。

そして突如会場に、サプライズで日本のお笑い界を代表する死神としてアンガールズ田中が、リュークのコスチュームに身を包み登場。「ハリウッドデビューしたい」と語る田中に対し、アダムは「タイツがセクシー」と意外な高評価。しかしマーガレットには「デスノートに名前を書く」とまで言われ、田中のハリウッドデビューの夢は玉砕した。L役にのめり込んだラキースや、終始ハイテンションなアダムなど、映画に負けず劣らず個性的なメンバーが揃い、終始笑いに満ちたジャパンプレミアは幕を閉じた。

Netflix『Death Note/デスノート 』
配信開始日: 2017年8月25日
監督: アダム・ウィンガード
脚本: チャーリー・パルラパニデス、ヴラス・パルラパニデス、ジェレミー・スレイター
原作: 大場つぐみ原作、小畑健作画「デスノート」(少年ジャンプ)
出演: ナット・ウルフ、ラキース・スタンフィールド、マーガレット・クアリー、シェー・ウィガム、ポール・ナカウチ、ウィレム・デフォー
プロデューサー: ロイ・リー、ダン・リン、ジェイソン・ホッフス、マシ・オカ

《デスノートについて》
大場つぐみ原作・原案、小畑健作画の漫画「デスノート」は、2003年に日本で連載が開始されました。超常現象を描いたサスペンス作品の主人公は、人の生死を操る力を持つノートを拾った天才高校生、夜神月 (やがみ・ライト)。相手の顔を思い浮かべながらその名をノートに書き込むだけで、その人物を抹殺することができます。日本神話や現代社会に見られるテーマを融合し、善と悪、また"正義とは何か"を問う物語の中で、夜神月は犯罪者を一掃し、理想の世界を作り上げようとします。その先には警察機構を率いる名探偵、Lとの熾烈な頭脳戦が待ち受けているとも知らずに...。

Netflix:https://www.netflix.com/jp/