パチューカ本田、次節招集メンバー入りで初先発も 代表合流前に2戦連続ゴールなるか

写真拡大

25日に敵地ティファナ戦、前節デビュー弾の本田を現地メディア絶賛

 パチューカの日本代表FW本田圭佑は、現地時間25日(日本時間26日午前11時)キックオフのメキシコリーグ(リーガMX)第7節、敵地ティファナ戦に臨む。

 クラブ公式ツイッターアカウントはこの一戦に臨む招集メンバーを発表し、本田もメンバー入りしている。

「次の試合に向けてのリストです」とのスペイン語とともに画像で記された20人の遠征メンバーには、第6節ベラクルス戦で2得点を挙げたMFビクトール・グスマンらの名前とともに「KEISUKE HONDA」の文字が記されている。

 ベラクルス戦の後半途中から出場した本田は同28分にドリブルから得意の左足シュートでゴールネットを揺らし、メキシコでの公式戦初出場初ゴールをマーク。現地メディアもベストイレブンに選出する絶賛ぶりとなった。

 24日に行われたロシア・ワールドカップ最終予選の日本代表メンバーにも本田は招集され、バヒド・ハリルホジッチ監督が「本田圭佑は(香川)真司と少し同じような状況です。トレーナーが現地に行ってチェックした。直近の試合で交代で入って点も取った。ただ、たくさんのゲームをプレーしてきているわけではない。シンジと同じように直接見てどのような状態かをチェックして、どんな役割を与えるか考えたい。ただ、存在がチームに大事だ」と触れ、期待を寄せている。

 初出場、初ゴールに続いてメキシコでの初スタメンで、長時間プレーできるコンディションをアピールできるか。2戦連続弾の懸かるティファナ戦は本田にとって試金石となりそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images