22日、韓国のインターネット掲示板に「日本のある学校がポニーテールを禁止した理由」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーから驚きの声が上がっている。写真は日本。

写真拡大

2017年8月22日、韓国のインターネット掲示板に「日本のある学校がポニーテールを禁止した理由」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーから驚きの声が上がっている。

スレッド主は、ある日本人がツイッターに投稿した内容を韓国語で紹介している。そこには、日本のある中学校の話として、「ポニテ(ポニーテール)禁止の校則が公布・施行されたんだけど、昭和からの伝統的・惰性であるならともかく、確か2013年に若い先生方(20、30代?)が企画してPTAを通した上に生徒総会?で発表されたんだよね…」とあり、最後に「なんでや…」とつづられている。

ツイートの文章はここまでなのだが、韓国のスレッド主はさらに「また別の学校では『セーラー服を着た時に、透けて見えるブラジャーのラインが男子学生の欲情を誘う』という理由からブラジャーを禁止し、毎日下着の色を検査することにした。黒のキャミソールを着ていたある生徒が(検査で)引っ掛かって、先生の指示で下着を脱いだという事例もあったという」と紹介した。

韓国でも日本同様、学校ごとにさまざまな校則が定められているが、この投稿に対して韓国のネットユーザーからは「まるで男が猛獣みたいじゃん。なぜ女子のうなじを見るんだ?」「うわあ、それなら女子生徒を登校禁止にすればいい」「日本は変わった国だね」「男女別学にしなよ」と理解し難いといったコメントや、ため息、はてなマークなどが続々寄せられている。

中には、韓国と比較して「日本はこういう部分に寛大かと思ってた」「これをみるに、韓国が非常に発展した先進国のように感じられる。それにしても、韓国の女子生徒のスカートも何とかならないかな?歩けないくらいタイトで短い。日本の高校生のミニスカートがいつ韓国に入ってくるかと思ってたけど、もはや日本を超えてきたよ」とコメントを寄せるユーザーもみられた。(翻訳・編集/松村)