李在鎔被告=25日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大 (全4枚)

【ソウル聯合ニュース】韓国前大統領の朴槿恵(パク・クネ)被告らへの贈賄罪などに問われたサムスングループ経営トップのサムスン電子副会長、李在鎔(イ・ジェヨン)被告(49)に25日、懲役5年(求刑懲役12年)の判決が言い渡されたことについて、韓国青瓦台(大統領府)の尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官は記者団に「社会が一歩踏み出す上で障害となっていた政経癒着の連鎖を断ち切る契機になることを期待する」とする論評を伝えた。

 青瓦台が地裁の一審判決について公式に立場を表明するのは異例だ。