画像提供:マイナビニュース

写真拡大

激辛グルメ祭り実行委員会は9月10日まで、「激辛グルメ祭り2017」を、新宿区立大久保公園にて開催している。

同イベントは、激辛ビギナーからマニアまで、多くの激辛ファンに支持されている日本最大級の"激辛グルメの祭典"。インド料理・タイ料理・ベトナム料理・韓国料理・中華料理・ラーメンなど、世界各国を代表する激辛グルメの名店が一堂に会する。

<1st Round 8月23日〜27日(5日間開催)>

2013年の初開催から2016年までの4年間で、延べ40万人以上の激辛ファンが来場。5年目を迎える2017年は過去最多の24店舗が出店し、全6店舗が初出店となっている。初めての来場者はもちろん、毎年来場している常連にとっても新たな激辛を感じることができると好評だ。

<2nd Round 8月29日〜9月3日(6日間開催)>

ひとつの空間で世界各国の激辛グルメを楽しむことができ、これまで以上に激辛グルメの奥深さを感じることができる。2015年より導入した大好評の3ラウンド制を継続し、ラウンドごとに店舗や料理が入れ替わるため、何度でも通えて、何度でも楽しむことが可能となる。

<3rd Round 9月5日〜10日(6日間開催)>

また、開催5周年を記念してイベント会場には、これまで以上に激辛グルメを楽しみ頂けるよう、特別企画として「カレーファウンテン」「ビールタワー」「1mソーセージ」が登場。

「カレーファウンテン」は、チョコレートファウンテンならぬ、"激辛カレーファウンテン"。串カツや野菜をカレーにディップして食べる新感覚な食べ物となる。今回は激辛マニアのために好みで辛さ調節ができる3種の超激辛ソースも用意。インスタ映え間違いなしの仕上がりとなっている。5台限定(1台あたり3人前)で、1セット税込3,600円。

今、ビアホールなどで話題の「ビールタワー」は、各日20台限定で楽しめる。ビールタワーには4リットルものビールが入って税込5,000円と、お得な価格。会場で仲間たちと楽しく飲むには、最適なサイズとなっている。

3rd Roundに出店する「赤い壺」が数量限定で、ソーセージでお馴染の「燻製工房ハントヴェルク」とコラボした、長さ1mの「激長激辛ソーセージ」を販売。ハラペーニョやジョロキアなど3種類の唐辛子を使用し、辛さも3段階で楽しめるスペシャルメニューとなる。「カレーファウンテン」に負けぬ、インスタ映え抜群のメニューとなっている。

開催日時は、8月23日〜9月10日11〜21時。3Round制で、計17日間開催。1st Round 8月23〜27日(5日間開催)/2nd Round 8月29日〜9月3日(6日間開催)/3rd Round 9月5〜10日(6日間開催)。8月28日、9月4日は、店舗入替日のため休業となる。開催場所は、新宿区立大久保公園。入場無料(飲食は有料)。雨天開催で、荒天時中止となる可能性あり。