“日本最北端の離島”で唯一のパン屋を発見! 地元の漁師さんに愛される名店

写真拡大

北海道で唯一訪れていなかった道北・礼文島〜利尻島〜稚内へ、主人の夏季休暇で行ってきました。

どれも美味しそう!礼文島のパン屋さんフォトギャラリー

礼文島は日本最北端の離島。その島で唯一のパン屋「プラージュ・ド・ラパン」さんを訪問。

11時半に行きましたが、すでに品揃えの半分以下の種類になってました。

9時の開店時は上下の棚にいっぱい並べるそうなのですが、お店の奥様曰わく「漁師さんたちの買い方が半端じゃないんです!」と。網を直したり作業しているあいだにみんなで食べるために、大量に買って行かれるそうなのです。

そんなお話を聞くと島の皆さんの生活にパンが浸透していることがわかり、パン好きとしては嬉しくなります。

店内を撮影させていただきましたが、撮影した写真がどれもとても柔らかい雰囲気が出ていることにあとで気づき驚きました。ご夫婦ふたりで営んで15〜16年が経つとのこと。島で愛されている空気感が写真にも現れたのかもしれません。

旅行中でしたので、つぶあんぱんとピーナツコロネの2点のみ購入。

どちらも軟らかい生地で、特にピーナッツクリームに入っている細かく刻んだ粒状ピーナッツがいいアクセントになっています。

貴重なパン屋さんに訪問できてよかったです(*^^*)

※利尻島にもパンを販売しているお店が2軒あるのですが、ひとつは観光時期は店舗ではなく公園で販売しているそうでタイミングが合わず買えませんでした。もう一軒はお菓子屋さんでパンも作って販売しているのですが、15時に着いたらパンは完売していました…。無念です…。

【おまけ情報(1)】
北海道に行ったら必ず買うもの。北海道では有名なコンビニエンスストア「セイコーマート」の豆パン。

甘く軟らかく煮た金時豆がたくさん入っています。もちろんセイコーマートさん以外でも道内のパン屋さんでは多くのところで作っています。

【おまけ情報(2)】
稚内市内にはパン屋が数軒ありますが、稚内駅に比較的近いパン屋「ふわり」さんを訪問。飛行機の時間が近づいていたのでお店の方にお話を聞くこともできず買ってそのまま空港へ。

親子くまのチョコパンなど可愛いキャラクターパンが並んでいて、家族連れに人気がありそうでした♪

パン屋さんのご紹介

店名:プラージュ・ド・ラパン
住所:北海道礼文郡礼文町船泊村
電話番号:0163-87-3018
営業時間:9時〜(パンがなくなり次第閉店)
定休日:日曜日

おすすめパン
ピーナツコロネ(125円)
つぶあんぱん(120円)