【インタビュー】千歌繚乱出演バンド・MEIDARA、「僕らは中身のある音楽をやっている」

写真拡大

<千歌繚乱vol.13>に出演するバンドへのインタビュー第5回に登場するのは、2017年5月に始動したMEIDARAだ。

MEIDARAは始動を発表した当初、般若の面で顔を隠しシルエットだけが浮かび上がるアーティスト写真とともに「鬼の目」という楽曲を使ったトレーラー映像を公開し話題になった。そこから約3カ月がたち、ミニアルバムの発売やワンマンライブの開催も決定しているなど精力的な活動を行っている。

◆アーティスト写真・試聴映像

※本記事は8月29日(火)に渋谷REXで開催される<千歌繚乱vol.13>において、来場者限定で配布される「千歌繚乱 ARTIST BOOK」掲載のインタビューの一部を事前に公開するもの。「千歌繚乱 ARTIST BOOK」ではメンバーへの一問一答アンケートなど、より深い内容が掲載されている。

   ◆   ◆   ◆

――まずは自己紹介からお願いします。

Yagami(Vo):鬼の角をつけたMEIDARAのボーカリストです。人が内に秘めているものを引っ張り出すような歌を歌います。

ルル(G):美しさと狂喜を兼ね備えたテクニカルトリッキーギタリスト、ルルです。

玲旺(G):僕はルルと逆で、クールにどしっと構えているタイプのギタリストです。

憂(B):スーパーウルトラカリスマベーシスト。

青(Dr):フレッシュさとパワフルさを兼ね備えたツーバスドラマーです。

――おぉ、みなさん自信満々なスタイルですね!

ルル:まだあんまりメディアにも出る機会も少ないので、アピールできる機会には精一杯アピールしてます!

――ではそのノリで、バンドの紹介もお願いします。

Yagami:鬼をモチーフに取り入れているバンドです。ライブでも心の殻に見立てた般若の面を使っていて、殻を剥がそうぜというコンセプトで活動しています。殻を破り、素のままの感情を出す、ということを心がけてます。

――サウンドは?

ルル:般若の面を使っている通り和の要素もあるんですが、それにラウドとメタルの要素を併せた独自のサウンドを作っています。重くて激しめの曲調なんですが、ヴィジュアル系バンドには珍しくシャウトを主体とした曲がなくて、メロディがしっかりしているのがポイントです。誰でも歌える、聴ける、歌詞も伝わる、というスタンスで作っています。

――歌詞のこだわりは?

Yagami:心にダイレクトに響く歌詞、というのがテーマです。できるだけ綺麗すぎる言葉は選ばないようにしています。

――みなさんの音楽のルーツはどこなんでしょうか。

Yagami:僕はvistlipさんが好きで、vistlipさんを聴いて育った感じなんです。

ルル:僕がヴィジュアル系バンドをやるきっかけになったのは、ナイトメアさんです。それ以外聴いてないかもしれません。

玲旺:DELUHIさん、ナイトメアさんが入りでした。

憂:僕はL'Arc〜en〜Cielさん、Janne Da Arcさん、SIDさん、とかのロック寄りのバンドが好きです。

青:DIR EN GREYさんですね。

――やはりみなさんの中に共通のルーツとしてヴィジュアル系バンドがあるんですね。

Yagami:そうですね、だからバンドやるって決めたときもヴィジュアル系でバンドをする選択肢しかありませんでした。

――なるほど。ちなみに<千歌繚乱vol.13>の翌日に、1stミニアルバム『六道輪廻』をリリースされるご予定とか。

Yagami:はい。仏教に人は六つの世界を生まれ変わり続けていくという教えがあって、それをモチーフにした作品です。曲もその六つの世界にかけて6曲を収録して、生きることと死ぬことについて掘り下げました。

――一曲目の「六道」はどんな曲ですか?

Yagami:このアルバム自体に和の要素を入れたいって思って作った曲です。アルバムの表題曲でもあります。アルバムタイトル通り、六つの道に迷い込むイメージです。

ルル:和を入れたラウド系の曲なんですけど、僕らが一番やりたいと思っていたことを詰め込みました。遊び心とヘビーさ、それにキャッチ―な雰囲気と、MEIDARAのいいとこどりって感じに仕上がりました。

――他の楽曲についても解説をお願いします。

ルル:「ENNMA」はライブで生きる曲にしたいなって思って作りました。サビに合いの手があったり、みんなで楽しめると思います。こだわったのは展開。一瞬違う世界にいくような感覚も味わえると思うし、ドラマティックな楽曲です。

Yagami:この曲はタイトルのまんま、閻魔大王をモチーフに歌詞を書いています。ラストの「満足いくならたとえ地獄でも生きがい感じながら死ねるだろう」っていうフレーズが特に気に入っていて、人生で選択を迫られる場面があったとき、周りに捉われず自分の思う道を進め、というメッセージを込めています。

青:三曲目に入ってる「飼愛は主を喰らう」は、始動当初からライブでやってる曲。展開もノリもわかりやすく、「ENNMA」に続いてライブで映える曲ですね。MEIDARAの楽曲の中で唯一これだけツーバスじゃないんです。ドラムプレイは重たいビートを出すことにこだわりました。

――「飼愛は主を喰らう」とはどういう意味ですか?

Yagami:人は愛を飼ってて、気づいたらその愛に食われて自分では制御できなくなる、という嫉妬の歌です。Aメロでがなったようなクセの強い声を使ってみて、自分がいろんな声を出せるっていうのも見せつけられたかなと思います。

憂:続く「イト」は、いろいろ解説はあるんですけど、まとめて言っちゃえばスーパーウルトラかっこいい曲です!

Yagami:ちょっと待って、唯一俺が作った曲のにそんな雑な解説じゃ困る(笑)! これは人との繋がりを糸に例えた曲で、二個目のイントロの休符の緊張感がポイントです。

玲旺:ギターソロは唯一僕が弾いています。ライブでも人気の曲ですね。そして五曲目にくる「ココロナシ」は、和の要素が強めで歌詞が面白いんです。

――どんな歌詞なのでしょうか。

Yagami:思い切って「お腰につけたきびだんご」というみんな知っている童謡のフレーズを入れてみました。感情に訴えかける真っ直ぐな歌詞が多かったんで、別の角度から歌詞を書きたいなと思って挑戦したのがこれです。もちろん、モチーフは「桃太郎」です。

――桃太郎をモチーフに、どんな歌詞が生まれたのか気になります。

Yagami:欲しいものを見せられただけですぐ寝返る人、について書きました。

青:遊んでみた割にいい歌詞になってるんでぜひ聴いてみてください。最近ライブでもよくやっています。

玲旺:RECのとき、ドあたまが歯切れ良すぎて苦戦したんですけど、そこがビシッと決まれば鳥肌モンじゃないかと思います。

Yagami:そしてラストの「死にて死せれば」は、バンドコンセプトに寄せた曲。始動したときにトレーラー映像を公開したんですが、その映像にも使われている曲です。始動と同時に公開したので、命を宿すような…インパクトあるような曲を、と思って作りましたね。そして実は表題曲の「六道」のアンサーソングにもなっています。

――ミニアルバムは今後MEIDARAを象徴するものになりそうですね。

ルル:はい、ぜひいろんな方に聴いて欲しいです! そしてこのミニアルバムを引っ提げて東名阪ツアー、12月25日(月)には池袋BlackHoleでワンマンライブも予定しています。ミニアルバムを聴いて、ツアーに来て、ワンマンにも来てくれたら嬉しいですね。

――最後に、MEIDARAにしかない魅力を教えてください。

青:やっぱり曲が魅力ですね。暗めの雰囲気でヘヴィなんだけど聴きやすい楽曲…というのは僕たちだけだと思います。

憂:バンドって結構、その世界観の中で同じような曲をやってる気がするけど、僕らにはいろんな曲がある。だからひとつのライブでもいろんな楽しみ方ができるのも売りかな。

玲旺:曲もそうだけど、般若の面をモチーフにしているバンドも他にない。和の要素があるんだけど、着物を着ていかにもな和風な楽曲をやっているわけでもない。そこも魅力だと思いますね。

ルル:そういうところ、海外でも受けるんじゃないかな。ジャパニーズであることは大事にしたいですね。

Yagami:みんなが言ったように、他にない音楽性や和の要素っていうのももちろん魅力なんですが、僕らは中身のある音楽をやっている。人の心にダイレクトにくるような音楽をやろうっていう気持ちはどこよりも強い。ただのヴィジュアル系バンドじゃないぞ、ってとこをこれからどんどん見せつけていきたいですね。熱いメッセージを音楽にのせて、これからもたくさんの人に僕らの楽曲を聴いてもらえるように頑張ります!

取材・文◎Yoko Hattori(BARKS)

<千歌繚乱vol.13>
日時:2017年6月20日(火)開場16:00 開演16:30
開催日時:2017年8月29日(火)開場17:00/開演17:30
出演:ヴァージュ/グリモア/シェルミィ/DIMLIM/MEIDARA/メリーバッドエンド
会場:渋谷REX
料金:【一般チケット】3,800円 【当日券】4,000円

※ご来場の方に出演バンドのインタビューが掲載された「千歌繚乱ARTIST BOOK」を差し上げます
※当日会場ではバンドのレアグッズが当たる「バンドくじ」企画実施
※その日のライブの写真がすぐに手に入る「ライブ写真即売会」開催

チケット受付:
7月19日(水)12:00〜8月28日(月)
チケット購入ページURL:
[イープラス]
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002231039P0030001

1stミニアルバム『六道輪廻』
2017年8月30日(水)リリース
品番:MIDR-002
価格:¥2,100+税

収録曲
1六道
2ENNMA
3飼愛は喰らう。
4イト
5ココロナシ
6死にて死せれば、

<MEIDARA 1st MINI ALBUM発売記念ツアー「六道輪廻」>
9月7日(木)心斎橋FanJ
9月8日(金)HOLIDAY NAGOYA NEXT
9月20日(水) 池袋BlackHole