日本対オーストラリア戦、米メディア「日豪プレミア・ストライカー対決」に注目

写真拡大

レスターの岡崎は開幕2戦連発、ハダーズフィールドのムーイも決勝弾で勝利に貢献

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は24日、ロシア・ワールドカップアジア最終予選オーストラリア戦(31日)とサウジアラビア戦(9月5日)のメンバーを発表し、プレミア開幕2戦連発の岡崎慎司(レスター・シティ)も順当に選出された。

 米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は日本対オーストラリア戦の注目ポイントとして、岡崎とアーロン・ムーイ(ハダーズフィールド)の“日豪プレミア・ストライカー対決”を挙げている。

 岡崎は開幕戦で強豪アーセナル相手に今季初得点を決めると、続く第2節ブライトン戦ではキックオフ1分も立たずに先制ゴールをゲット。自身プレミア初となる2試合連続ゴールをマークした。同局は「ケイスケ・ホンダ、シンジ・カガワとは違い、オカザキは決して華やかなタイプではない。しかし日本では栄誉ある実績を残している」と109試合出場50得点の成績を明記し、評価している。

 それと同時に「ユウヤ・オオサコとユウヤ・クボは技術的に恵まれている一方で、岡崎のようなフィジカルは欠けている」とポジションを争う相手についての比較も記している。

 一方の26歳のムーイは今季のプレミア昇格組であるハダーズフィールドの主力FWとしてプレー。第2節ニューカッスル戦では決勝ゴールを挙げ、1-0勝利の立役者となった。

アンリがムーイを絶賛、評価はうなぎ上り

 ムーイはかつてアーセナルに所属し、フランス代表のエースとして君臨したティエリ・アンリも「アーロン・ムーイが来ることは分かっていた。思考能力、魔法、そのプレー屋のことを考えるのは好きだね」と絶賛するなど、イングランドでの評価もうなぎ上り。日本としてみれば大きな注意が必要となる。

 代表メンバー発表に臨んだハリルホジッチ監督も「開幕から2戦連続で点を取っている岡崎の状況は嬉しい」と述べており、期待度は大きい。プレミア序盤戦で高いパフォーマンスを見せているのはムーイも同じだが、岡崎は長年積み重ねた経験値を生かして、日本を6大会連続となるW杯出場をもたらすタスクへと挑む。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images