2016年12月より仙台市で限定発売していたブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)の加熱式たばこ『glo(グロー)』。2017年7月3日より発売地域が東京都・大阪府・宮城県全体に拡大されていますが、2017年10月2日より全国47都道府県で発売されることになりました。さらに、専用たばこ『KENT(ケント)』ブランドの『neostiks(ネオスティック)』も新フレーバーが投入されます。

BATによると、東京・大阪・宮城での『ブライト・タバコ』『フレッシュ・ミックス』『インテンスリー・フレッシュ』の3銘柄の合計シェアは3.7%。特に『フレッシュ・ミックス』は3都府県内の全たばこカテゴリーランキングで20位にランキングされるなど、メンソールを吸っている人に好評な模様。また、タバコヒーターも2017年8月13日現在で3都府県の成人喫煙者の 10人に1人が購入したとのこと。

全国展開とともに投入される『スムース・フレッシュ』(420円・税込)は、なめらかなメンソールがもたらすバランスのとれた心地良い爽快感がポイントとのこと。既製品のメンソールよりも柔らかい味を求めている人向けといえそう。

また、宮城県限定で『リッチ・タバコ』『ダーク・フレッシュ』『スパーク・フレッシュ』『シトラス・フレッシュ』(420円・税込)が発売。これにより計8銘柄となり、フィリップ モリスの『IQOS(アイコス)』の6銘柄より多いラインナップとなります。こちらの全国展開にも期待したいところ。

全国発売をされるタイミングでの発売価格は、通常8000円のところ4980円で東京・大阪・仙台に加えて新たに設置される札幌・名古屋・広島・福岡の旗艦店やオンラインストア、主要取扱店で買えるようになる予定。さらに、2017年9月15日からは、全国発売を記念したプレミアム・コレクション「カーボン」を1000名限定で抽選発売することになっています。

『IQOS』が先行している次世代たばこ市場ですが、JTの『Ploom TECH(プルーム・テック)』も2018年には全国発売されるというアナウンスがあり、『glo』もどこまでシェアを伸ばすことができるか注目されます。

『glo』公式サイト
https://www.discoverglo.com/jp [リンク]

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』