サービスのロゴ(写真: ポケットメニューの発表資料より)

写真拡大

 ダイナースクラブカードを発行している三井住友トラストクラブと、レストランのオンライン予約・決済サービス「ポケットコンシェルジュ」を運営しているるポケットメニューは24日、両社が提携し、有名飲食店で直前にキャンセルされた予約枠を買取って再販するサービス「ダイナースクラブ ごひいき予約」を開始した。

【こちらも】予約無断キャンセル者の電話番号集める「予約キャンセルデータベース」

 このサービスは、紹介などがないと予約の取りづらいレストランで飲食できる可能性を高めるもので、一度有名店に食べに行きたいと思っていても紹介者がいなくて予約が取れない、という人にはありがたいサービスだ。

 レストラン側ではこのサービスにより、近年増加している「オンラインで予約しても直前にキャンセルしたり、連絡なしに来ない無断キャンセル(No Show)する客」によるレストランの損害を小さくできる。

 「ダイナースクラブ ごひいき予約」のシステムは、次のようになっている。

 1.キャンセルで生じた空席をダイナースクラブが買い取る。

 2.「LINEビジネスコネクト」で買い取った空席を顧客へリアルタイムに告知される。

 3.顧客は「ポケットコンシェルジュ」を通じて空席を予約する。同時にダイナースクラブカードで決済される。

 4.実際の飲食で生じた追加注文などは利用後に追加請求される。

 このシステムは、新しいビジネススキームとしてビジネスモデル特許を申請している。

 空席の再販は先着順となっており、予約できなかった顧客には、他のレストランを紹介するリコメンド機能もある。いったん「ダイナースクラブ ごひいき予約」を通じて予約した場合、キャンセルや変更はできない。またキャンセルの場合には100%のキャンセル料がかかる。

 このサービスを利用するには、次の条件が必要となる。

 ・ダイナースクラブカードを保有していること。クラスは問わない。 ・ダイナースクラブの公式LINEアカウントをお友だちに追加し、情報を受信できること。

 現在、「ダイナースクラブ ごひいき予約」に参加しているレストランは次の16店で、いずれもなかなか予約が取れない有名店。ポケットコンシェルジュによると、年内に100店まで増やす予定だ。

 参加店: うぶか、81、恵比寿 くろいわ、KEISUKE MATSUSHIMA、銀座 小十、鮨 心白、日本料理 晴山、セララバアド、TAKAZAWA、ナベノーイズム、青空、NARISAWA、日本料理 龍吟、フルタ、リストランテ ラ・バリック トウキョウ、すきやばし次郎