結婚をすると、なんだかんだ負担が多いのは女性――そんな話を耳にすることも少なくありません。会社で行う仕事の負担や、家族をしっかり養わなければ……というような精神的負担が大きいのは男性かもしれませんが、家庭内での仕事量だけ見てみると、圧倒的に女性に偏っているということもあるあるです。
そこで、今回は働く主婦さんたちの不満をリサーチしてみました。主婦の皆さまは、いったいどのようなときに旦那さんに対してのイライラを募らせているのでしょうか?

1) やりっぱなしキングが君臨したとき!

「うちの旦那は何でもやりっぱなし! 朝起きても掛け布団を直さないし、ご飯の食器も片付けないし、着替えた服も脱ぎっぱなし。それなのに、片付いているのが当たり前だと思っているからタチが悪いのかも!」(フリーランス/32歳/女性)

▽ これは、“実家暮らし歴が長い男性にあるある”な行動パターンかもしれませんね。たまにはお願いして家事を代わってもらっちゃいましょう!

2) ゲームに夢中なとき!

「何を言ってもゲームに夢中で生返事しかしないときには、さすがに腹が立ってきます。『ご飯冷めちゃうから食べちゃって』と言ってもゲームをしているし、『お風呂に入っちゃってよ』と言ってもゲームをやめない。もう本当にいいかげんにしてほしい!」(金融/35歳/女性)

▽ ゲームって、キリのいいタイミングがあるんですよね〜。それはわかりますよ。わかるんですが……やめていただきたいですよね!

3) お酒を飲んでいびきがうるさいとき!

「私が朝早くからのミーティングがある前の晩に限って、飲み会の予定を入れる旦那。故意ではないのかもしれないけど、毎回毎回予定をブッキングさせてくる意味がわからない! うちの旦那は、飲むといびきがうるさくなるタイプなので、それはそれはかなりの騒音であまり寝れないんです。そうなると、次の日の仕事に支障が出るんですよね……」(メーカー/31歳/女性)

▽ いざというときに備えて、もうひとつ予備の布団か何かを用意しておく必要がありそうですね。

4) 気持ちをおもんぱかってくれないとき!

「こっちが疲れきっているときくらい、ご飯の支度を変わってくれたり、洗濯物をたたんでくれたりするとうれしいんですが……。私は別に横で『フレッフレッ』と応援してほしいわけじゃないんです! 何でそれをわかってくれないのでしょうね」(保育士/26歳/女性)

▽ これ、よくわかります! 疲れているときくらい、家事のストレスから解放されたいですよね〜! それなのに、そんなに必死に応援されても……。

もちろん、旦那さんと主婦さんとでは立場が違いますから、旦那さんには旦那さんなりの不満やグチが溜まっているのでしょうけれど、いくら立場が違うとはいえ、あまりにも思いやりを欠いた言動には気をつけていただきたいものですね。