音楽ユニット『YMCK』で作詞や作曲、編曲を担当している、Yokemura(@Yokemura)さん。

ある日の夜、外から聞こえてきた音に首を傾げました。

(こんな夜中に、外で誰かがドラムの練習をしてる…?)

耳に入ってきたのは、なにやらリズミカルな音。疑問を抱いたYokemuraさんは、窓の外を確認してみることにしました。

外から聞こえてきた、意外な『ドラマー』の正体

見回しても、どこにもドラムを叩いている人の姿は見えません。しかし、相変わらずリズミカルな音が響き渡っています。

目の前にいるのは、工事現場で働く作業員のみ。そう、『ドラマー』の正体は、彼らだったのです!

テンポを刻むそのリズムは、もはや「わざとやってるでしょ!?」と思わざるを得ません…!

Yokemuraさんが自身のTwitterにこの動画を投稿すると、「完全にドラムだ…」「ノリノリで工事してそう」といった声が上がりました。

本職の投稿者さんがアレンジ!

音楽を仕事にしているYokemuraさんは、この『ドラマー』の音をアレンジ!

いわゆる『ピコピコ音』が魅力のチップチューン風に、曲を作り上げました。

工事現場の作業員とミュージシャンという異色のコラボレーションですが、まさかこんなにも素敵な音楽が生まれるとは…。

リズムを奏でていた作業員も、予想だにしなかったことでしょう!

[文・構成/grape編集部]