24日、中国河北省の路上で車に道を譲ってもらった女の子の映像が注目を集めている。

写真拡大

2017年8月24日、中国河北省の路上で車に道を譲ってもらった女の子の映像が注目を集めている。

【その他の写真】

人民日報などによると、22日午後2時過ぎ、河北省石家荘市の路上を走行中の車のドライブレコーダーに、道路を横断しようとする女性と女の子の様子が映った。映像を見ると、横断歩道を渡ろうとした2人は車に気付いていったん足を止めるが、車が横断歩道の手前で停車すると歩みを進める。そして、女性が女の子に何か語りかけると、女の子は車に向かって深くお辞儀をし、ドライバーに向かって手を振り、小走りで渡っていく。

この映像に、ネットユーザーからは「心が温まる。ドライバーもお嬢ちゃんも素晴らしい」「かわいい女の子。尊敬すべきドライバー」「今は歩行者に道を譲ってくれるドライバーが本当に増えたよね。そんなドライバーの皆さんにありがとう」「親がよくしつけているね」「この子が成長して、民度の低い大人になるだろうか?素養に年齢は関係ない。大事なのは教育だよ」といった声が寄せられた。

この映像が話題となり、同市の交通管理局が女の子とその家族を招待した。女の子は幼稚園に通う5歳の宋禹霏(ソン・ユーフェイ)ちゃんで、一緒にいたのは祖母の郭(グゥオ)さんだった。郭さんは、「今年初めに杭州に行った時に、車が歩行者に道を譲っているのを見て、石家荘市でもこうなるといいなと思っていた。(道を譲ることが)これほど早く広まっているのはとても良いことだと思う」と語った。23日午後に同局を訪れた禹霏ちゃんには、局員から花束と交通規則について描かれた漫画がプレゼントされたという。

先日には、横断歩道を渡ろうとした88歳の男性が道を譲ってくれた車に頭を下げて感謝を表す動画が日本でも紹介され、大きな反響があった。中国でも譲り合いの精神が根付き始めているようだ。(翻訳・編集/北田)