太陽が月によって完全に覆われて見えなくなる現象『皆既日食』。

2017年8月、およそ1世紀ぶりに北米を横断するということで、全米の人々が空を見上げました。

人間たちがまれな現象に魅了されている間、動物たちはどのようなリアクションをしていたのでしょうか。

突然の出来事に動揺

ナッシュビル動物園に住んでいるフラミンゴたちは、皆既日食に驚いてしまった様子。

突然辺りが暗くなっていくと、怖さのあまりなのか、池から脱出し互いに身を寄せていました。

キリンたちも、囲いの中を走り回りました。動物園のスタッフも「これは異常な動き」と話しています。

南カロライナ州にある動物園で暮らしているフクロテナガザルは、興奮して激しくジャンプしたりしていたのだとか。何が起きているのか分からない動物にとって『日光が消える』のは、恐ろしいことなのかもしれません。

「それでも地球は回っている」

一方で、こんなリアクションをする動物もいたようです。この猫ちゃんは、日なたぼっこが中断されたことにご立腹。

こちらのジャーマンシェパードは、日食を見ようとする家族より、用を済ませることに夢中のようです。

さまざまな人たちが、日食時の動物の動きをライブ配信してみたそうですが、ほとんどが『手柄なし』。人間たちが『数十年に1回の出来事』に騒いでいる姿に、多くの動物は「また何かやってらあ」とでも思っているのでしょうか。

[文・構成/grape編集部]