スペイン紙がCLグループステージ「総移動距離」算出 最長と最短の差は6.3倍 

写真拡大

アンデルレヒトの総移動距離1663.73kmに対し、カラバフは6.3倍の1万490.8km

 2017-2018シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ組み合わせ抽選会が現地24日に行われ、前人未到の3連覇を目指すレアル・マドリードは、日本代表MF香川真司を擁するドルトムント、プレミアリーグの強豪トットナムと同居する“死の組”になった。

 スペイン紙「マルカ」は、ユニークな視点で各クラブの消耗度を予想している。

 同紙が目をつけたのは「総移動距離」だ。ミッドウィーク(月〜木曜)に行われるCLは、各国リーグ戦終了後にアウェーゲームを戦う場合、国を超えた移動を強いられる。その移動時間によって選手たちのコンディショニングは難しさが増すことになるが、クラブによってその距離は大きく違うようだ。

 同紙が各クラブのアウェー総移動距離を独自計算したところによれば、最短チームと最長チームの差は大きい。前者はグループBのアンデルレヒト(ベルギー)で、1663.73kmにとどまっている。その一方で、アゼルバイジャンから念願のCL本戦出場を決めたグループCのカラバフFKの総移動距離は、近隣国に対戦相手がいないこともあり、1万490.8kmとアンデルレヒトと6.3倍の差がつくのだという。

 なお、対戦カードで最も短距離なのがグループBのパリ・サンジェルマンとアンデルレヒトの264kmに対して、グループCのアトレチコ・マドリード対カラバフは最長の4249.48kmとなっている。

グループCはアゼルバイジャン戦が鍵か

 カラバフの所属するグループCはチェルシー、アトレチコ・マドリード、ローマという各国の強豪クラブが集う。三つ巴の戦いが予測されるなか、鍵を握るのはアゼルバイジャンでのアウェーゲームとなるかもしれない。

 CLグループステージの組み合わせと、マルカ紙調べの「CL総移動距離」は以下の通り。

<グループA>

ベンフィカ:7305.04km

マンチェスター・ユナイテッド:5225.77km

バーゼル:4871.24km

CSKAモスクワ:8698.75km

<グループB>

バイエルン:2665.05km

パリ・サンジェルマン:1846.49km

アンデルレヒト:1663.73km

セルティック:3072.89km

<グループC>

チェルシー:6502.67km

アトレチコ・マドリード:6878.48km

ローマ:5688.39km

カラバフ:1万940.8km

<グループD>

ユベントス:3711.86km

バルセロナ:3490.69km

オリンピアコス:6275.65km

スポルティング・リスボン:5417.08km

<グループE>

スパルタク・モスクワ:8217.47km

セビージャ:7664.24km

リバプール:5909.58km

マリボル:5403.09km

<グループF>

シャフタール・ドネツク:7275.41km

マンチェスター・シティ:5199.0km

ナポリ:5334.83km

フェイエノールト:4323.14km

<グループG>

ASモナコ:4064.92km

ポルト:6439.84km

ベジクタシュ:6637.46km

RBライプツィヒ:4596.62km

<グループH>

レアル・マドリード:6056.3km

ドルトムント:4779.41km

トットナム:5013.6km

アポエル:9263.49km

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images