シグルズソン、エヴァートン加入2試合目で…約45メートルの衝撃弾

写真拡大

 今夏クラブ史上最高額となる4500万ポンド(約64億円)でスウォンジーからエヴァートンに加入したアイスランド代表MFギルフィ・シグルズソンが衝撃ゴールを記録した。

 17日に行われたヨーロッパリーグ(EL)・プレーオフのファーストレグ。プレミアリーグのエヴァートンとクロアチア1部リーグのハイデュク・スプリトが対戦。試合はホームのエヴァートンが2−0で先勝していた。

 そして24日、エヴァートンにとって有利な状況で、アウェイでのセカンドレグが行われた。

 試合は43分、MFヨシプ・ラドシェヴィッチのゴールでハイデュク・スプリトが先制。2試合合計2−1で前半を折り返した。

 すると、後半開始直後の46分、相手にプレッシャーをかけてパスをカットし、ボールが浮いたところをダイレクトでシグルズソンがシュート。ボールはそのままGKの頭を超えてネットに吸い込まれる約45メートルの衝撃弾を決める。

https://twitter.com/Everton/status/900823449391816704

 64分には今夏新加入のGKジョーダン・ピックフォードがPKをストップする活躍などもあり、試合はこのまま1−1で終了。

 2試合合計は3−1として、ELグループステージの出場権を手にしている。

 ELグループステージのポッド分けはすでに発表されており、ポッド2に入ったエヴァートン。組み合わせ抽選会は25日(日本時間25日19時)に行われる。