衝撃の辛さと暑さ! 新・夏の風物詩「激辛グルメ祭り」が今年も開幕

写真拡大

 長らく続いた雨も止み、地獄のような残暑が襲い掛かってくる今日この頃。今年で5回目となる「激辛グルメ祭り2017」が、東京・新宿歌舞伎町の大久保公園で8/23から開催中。炎天下で辛い物を食べるという、日本でもかなりのドMな祭りを体感すべく、日刊SPA!が取材に向かった。

「辛い物好きな人も苦手な人も両方楽しめる」のがこのイベントのポイント。開催期間は3ラウンドにわかれていて、1st(8月23日〜31日)2nd(8月29日〜9月3日)3rd(9月5日〜10日)で、各ラウンドで9店ずつ、今回は過去最多の24店舗が出店。取材班が訪れたのは祭り初日の真っ昼間、午後2時。うだるような暑さの中で9店の看板メニューを実食。各激辛グルメの感想とイベントの暑さをレポートする。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1385890

■蒙古タンメン中本『冷やし辛中華』

 激辛ラーメンといえば右に出るものはいない「蒙古タンメン中本」が、今年は冷やし中華で出店。辛さには「小辛」「中辛」「激辛」があり、「激辛」を注文。この品は、以前当サイトの取材に応じてくれた、銀座のクラブの最年少ママ桐島とうかさんが無類の辛い物好きということで、試食してもらった。

 試食前は扇子を片手に涼しい顔を決めていたのだが……。

 2、3口食べた後には思わずこの表情。

「凄くおいしい!でも特製ソースがかかっているところを直に食べるとヤバいです……。スープはまろやかなんで、交互か混ぜて食べると大丈夫ですね。めっちゃおいしいんですけど、これ絶対水いります(笑)」

 良いリアクションを見せてくれながら、笑顔で食べてくれたとうかさん。記者も、恐る恐る口にしたが、これが驚くほどにめちゃめちゃウマい!特性の辛ソースが舌を激しく刺激するが、まろやかなスープと相まって箸が進む進む。訪れたら必ず食べたい1品だ。

「これ以上食べると今日は口が腫れて仕事にならないので」と、桐島さんはこれで退席。ここからは記者の実食によるレポートをお届けする。

■辛ちゃん『辛手羽先』

 新大久保の人気韓国式チキン専門店の激辛手羽先が登場。ピリっとした辛さを感じた後に、特製ソースによる甘みが口の中を満たしていき、手が止まらなくなる。手羽先の上に乗っているのはトッポギ。甘辛のソースがよく染み込んでいて、口の中でジュワっと溢れる。

■チェンマイ食堂 マイホーム『ヤム カオ ソーイ』

 小岩にあるタイ料理店の、イベントオリジナルのラーメンサラダ。チェンマイ出身のシェフが作る味は本場さながらで、複雑なスパイスが鼻を突きぬける。タイで食べた経験のある人はきっと現地の風景を思い出すはず。

■エチオピア『スパイシーチキンとコーンバターライスのカレー』

 言わずと知れたお茶の水と高田馬場にあるカリーライスの名店。コーンバターライスの甘みとタンドリー風チキンのスパイスがカレーソースによく絡み、絶品。だが記者は70倍を頼み、その辛さに悶絶。辛いというよりは痛い。激痛。

■京華樓『本場の四川麻婆豆腐』

 中華街や横浜にある、本場の四川料理が食べられる中華料理店「京華樓」。麻婆豆腐好きにはたまらないコクのある辛さに、蓮華と汗が止まらない。辛さのレベルには激辛と超辛があるので、舌をいじめ抜きたい人はぜひ。

■BANH XEO SAIGON『レッドホットバインセオ』

 ベトナム料理バインセオの、イベントオリジナルバージョン。サクサクの生地にも唐辛子が練り込んであり、のどにくる辛さには悶絶。中に野菜と麺が入っていて、レタスで包んで食べると辛さも中和されてジューシーに味わえる。

■モンゴリアン・チャイニーズ BAO『羊の塩茹で』

 モンゴルの伝統料理。トロトロに煮込まれていて、口の中ですぐに身がとろける。抑えられながらもうまく引き出されている羊独特の香りと、出汁がギュッと詰まった辛スープの相性がたまらない。

■FONDA DE LA MADRUGADA『チキンタコス』

 原宿で25年の歴史を持つ老舗店のタコス。深みのある辛いソースと柔らかいほぐれたチキンがマッチする。たださすが唐辛子の原産国。激辛を頼んだが、マジで辛い。むせると涙が出た。

■バーンリムパー『パクチートムヤム麺』

 新宿にあるタイ料理店のトムヤム麺。今大人気のパクチーが大量にのっていて、パクチストは実食必須。スープはエビや貝の海鮮の旨味が存分に引き出されていて、信じられないほどウマい。汗をかきながら食べて夏を感じるにはもってこいの一品。

 午後2時に来場した記者が9品を完食したのは午後4時過ぎ。当日は気温が33.4度とうだるような暑さだったこともあるが、激辛グルメを食べ続けたことで普段は代謝の悪い記者の発汗作用も暴走、日常生活ではありえない程の汗をかいた。

 激辛グルメ祭りはラウンド毎に店舗の料理が入れ替わるので、最低でも3度は新鮮な味を楽しめる。平日の11時から18時まではアルコール類が半額で、昼飲みにもぴったりだ。夏を楽しみ忘れた人や、もう一度夏らしいことをしたいという人は、激辛グルメ祭りで体の外と中から「灼熱」を感じてみるのもアリかも。<取材・文/日刊SPA!激辛グルメ取材班>