ジュネーブ軍縮会議に参加している北朝鮮代表団が22日、米韓合同軍事演習を非難するとともに、朝鮮半島の緊張緩和のためには「まず米国が行動すべき」との立場を明らかにした。朝鮮中央通信が24日付で伝えた。

同通信によると、代表団は「朝鮮半島と地域で情勢を緩和させ、危険な軍事的衝突を防ぐためには、共和国周辺に数多くの核戦略装備を投入して火の元をつついた米国が先に正しく選択して行動で見せなければならない」と指摘。

また、21日から米韓合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダム・ガーディアン」が行われていることについて、「米国は、自分らの軍事的圧力や制裁・圧迫騒動がむしろ、われわれを核戦力強化へいっそう進ませる原動力になっているということを銘記すべき」と主張した。

またその上で、「米国の敵視政策と核威嚇が根源的になくならない限り、すでに選択した核戦力強化の道から一寸も退かない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮代表団が核戦力強化の道から一寸も退かない共和国の原則的な立場を闡明

【平壌8月24日発朝鮮中央通信】朝鮮代表団が22日、ジュネーブ軍縮会議第3期総会で、共和国に反対する米国・南朝鮮合同軍事演習が繰り広げられていることに関連して、次のような原則的な立場を明らかにした。

朝鮮半島の核問題が発生し、情勢激化の悪循環が続く根源はすべて米国の対朝鮮敵視政策と核威嚇にある。

朝鮮半島と地域で情勢を緩和させ、危険な軍事的衝突を防ぐためには、共和国周辺に数多くの核戦略装備を投入して火の元をつついた米国が先に正しく選択して行動で見せなければならない。

しかし、米国と南朝鮮は21日、われわれの度重なる警告にもかかわらず、米本土と太平洋作戦地帯内に展開されている殺人戦争装備と7の追随国武力を含む膨大な攻撃武力を動員して「ウルチ・フリーダム・ガーディアン」合同軍事演習を開始した。

今回の演習は、わが共和国を先制攻撃するための侵略戦争シナリオである「作戦計画5015」に従ってわれわれの最高首脳部の「除去」を狙った「斬首作戦」と「秘密作戦」訓練、われわれの弾道ロケットに対応する訓練に重点を置いて強行されている。

米国は、自分らの軍事的圧力や制裁・圧迫騒動がむしろ、われわれを核戦力強化へいっそう進ませる原動力になっているということを銘記すべきである。

代表団は続けて、共和国は米国の敵視政策と核威嚇が根源的になくならない限り、すでに選択した核戦力強化の道から一寸も退かないと強調した。---