川崎市内で結核の集団感染が発生 30代の男性会社員が死亡

ざっくり言うと

  • 川崎市は25日、市内で結核の集団感染が発生したと発表した
  • 30代の男性会社員から家族や同僚ら計11人に集団感染し、うち3人が発病
  • 男性は2016年夏からせきが出始め、4月に肺結核と診断、その後、死亡した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング