「ベジポップ 3個入り」

写真拡大

ダスキンが運営するミスタードーナツは2017年8月25日、タニタと共同開発したドーナツ「ベジポップ」を発売した。

1個たったの65キロカロリー

ベジポップは、生地に赤、黄、緑の野菜パウダーを練り込んだドーナツだ。野菜やフルーツを使った豆乳クリームが、挟み込まれている。

にんじんパウダーの生地にいちごとトマトの豆乳ホイップをサンドした「いちごとトマト」、かぼちゃパウダーの生地にりんごとにんじんの豆乳ホイップをサンドした「りんごとにんじん」、こまつなパウダーの生地にパインとほうれんそうの豆乳ホイップをサンドした「パインとほうれんそう」の3個入りだ。

いずれも65キロカロリーで、3個入りでも195キロカロリー。購買層のターゲットが20〜40代の女性だからか、ドーナツの直径は5センチと、一般的なドーナツと比べ小さい。価格は、1個81円(税込、以下同)。3個入り(216円)では、好きなベジポップを3種選べる。

同日に発売された「グリーンスムージー」(367円)、「野菜を食べるミネストローネ」、「小柱と野菜のクリームチャウダー」と、3個入りベジポップのセットメニュー(500円)もある。

販売期間は、2018年2月下旬(順次販売終了)まで。対象店舗は、ミスタードーナツ全店(一部ショップを除く)だ。

詳細は、公式サイトから。