乃木坂46 西野七瀬、“制服”テーマの番組MC抜擢に歓喜&好きな乃木坂制服について語る

写真拡大

 乃木坂46の西野七瀬が、9月4日と11日の2週に渡って放送される特集番組『世界制服 セカイセイフク』(NHK Eテレ)の収録に参加した。

乃木坂46は次世代を“育てながら勝つ”グループに

 同番組は、制服を「着る人がいかに生き、何を大切にする組織に属しているのかを体現する『美と知が込められた文化財』」とし、制服の背景にこめられた知られざる歴史、意外なストーリーを紹介するというもの。

 収録の合間、囲み取材に応じた西野は冒頭、「一人で囲み取材を受けるのは初めてで緊張しています」と照れくさそうに笑うと、「制服の番組ということで、私自身も制服や民族衣装が好きですし、自分にピッタリの番組だと思いました。それに、番組のために可愛い衣装も作っていただいて、これを着れていることが嬉しい」と、制服をテーマにした番組に携われる喜びを口にした。

 続けて、自身の「好きな制服」について「学校の制服が好きで。高校受験のときも制服がかわいくて評判の高校があって、制服でそこにしようと決めたくらい」と制服愛を語ると、好きな乃木坂46の衣装については「冬服が好きです。ショートボレロっぽいジャケットと長いスカートの重ね着が多くて、ウエストの位置が上になっているので、着るとスタイルが良く見えるので」とコメント。この日着用した番組用の特製衣装については「帽子もボタンも好きですし、肉球もスカートの生地も可愛い。あと、ほかでは猫やネズミをやらせていただいてるんですけど(笑)、犬をモチーフにした服は着たことがなかったので、楽しませていただいてます」と笑いを誘った。

 また、NHKでは初の一人MCを経験したことについて、西野は「スタジオで一人きりで座っていたので、始めは喋らなきゃと思っていたんですけど、次第に慣れていって色んなことを言えるようになりました」と徐々に緊張が解けたことを明かしつつ、「VTRを見て感想を言うだけなので、シャキシャキ仕切ったわけではなく、天の声みたいにサポートしてくださる方もいるので安心でした」と、あくまでマイペースで進行したと話してくれた。

 その後、記者から「番組中で気になった制服」を訊かれた西野は「フランスのCAさん(エールフランス)」と回答。西野はその理由について「イメージしていたCAさんの制服とは違って、ファッション寄りで可愛くて、着てみたいなと思いました」とコメントした。番組の見どころについては、「今日も5人の洋服好きな一般女性に来ていただいたんですけど、『可愛い』とか『動きにくそう』とかリアルなコメントが聞けたので、特に同い年くらいの女の子には楽しんでいただけると思う」と、番組には若年層の女性を楽しませる意図があると述べた。

 最後に、「自分がアイドルではなければ憧れた、制服を着た職業」に、かつてその道を目指した「看護師さん」と答えるなどした西野。ほかにも9月の放送では、様々な制服姿の西野が見られるようだ。(中村拓海)