「MLSに行くチャンスがあった」 イブラヒモビッチがユナイテッドと再契約した理由

写真拡大

MLSからのオファーを断り、プレミアリーグ再挑戦を決断

 元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは24日、昨季限りで退団していたマンチェスター・ユナイテッドと1年の再契約を結んだ。

 右膝前十字靭帯損傷で長期離脱を余儀なくされたカリスマには複数クラブから関心が寄せられていたが、MLS行きの“ビッグチャンス”を断ってプレミアリーグ再挑戦を決断したという。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

 ユナイテッドと契約満了となり、怪我のリハビリを続けていたイブラヒモビッチには、古巣ミランへの復帰やMLS参戦が噂されていた。様々な憶測があったなか、ESPNの独占インタビューで、「MLSに行くビッグチャンスがあった」とアメリカでのプレーの可能性があったことを示唆した。

 しかし、その決断を思いとどまらせたのは、“赤い悪魔”でやり残したことがあったからだという。復帰を決断した理由について「ユナイテッドには、始めたことを終わらせるために戻ってきた」と語り、再び赤いユニフォームを着て戦う決断を下した。

「複数チームが興味を持っていた。複数チームが手を差し伸べ、“イブラカダブラ”を欲しがった。だけど、私はユナイテッドで素晴らしい一年を過ごした」

驚異的な回復力で復活の時は刻一刻と近づく

 イブラヒモビッチは魔除けの呪文として有名な“アブラカダブラ”とイブラヒモビッチを掛け合わせた愛称を自ら使って、他クラブからも多くの関心があったことも明かしている。前十字靭帯損傷というキャリア続行も危ぶまれるほどの重傷を負い、10月には36歳になるにもかかわらず、引く手あまたの状況だったようだ。

 復帰は2018年とも言われているが、驚異的な回復力を見せ、SNSでは先日、怪我した右足でサンドバックを強烈に蹴りつける動画を投稿してアピールしていた。ファンが臨む“イブラの復活”の時は刻一刻と迫っている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images