いよいよ “世界一強い男”を決めるドリームマッチが目前に迫っている。試合が終わった直後に、リングの上で笑っているのは――!?

 木村政彦vs力道山、アントニオ猪木vsモハメド・アリ。これまで数々の名勝負を生み出してきた「異種格闘技戦」だが、また新たな伝説が誕生する。プロでの戦績は49戦49勝、史上初めて無敗のまま5階級を制覇した最強のボクサー、フロイド・メイウェザー・ジュニア(40)と、UFC2階級を同時制覇したコナー・マクレガー(29)のマッチメイクが実現したのだ。

 試合が行われるのは、8月26日(日本時間は8月27日)。それぞれのファイターが1億ドル(約100億円)のファイトマネーを手にするという全世界大注目の「世紀の異種格闘技戦」を、各界の著名人はどう見ているのか。

 芸能界きってのUFC通で、本誌連載でもおなじみの浅草キッド・玉袋筋太郎氏は、「UFCは1993年から20年以上をかけて階段を昇り、ビッグスポーツと肩を並べた。ボクシングもメイウェザー対パッキャオのビッグマッチが終わって、大きいのが欲しかった。やるべくして起こった究極の異種格闘技戦だよね。500万を超えるPV数を稼ぐ、物凄いマッチメイクだから」と、今から待ちきれない様子。

 日本人初のボクシング3階級制覇王者として君臨した亀田興毅氏も、今回のカードをこう見ている。「自分も最近、“亀田興毅に勝ったら1000万円”という企画で素人の方とやりました。こうした企画は、普通のボクシングではありえないものなんですけど、日本で大成功を収めた。自分の場合は、スパーリングの延長ぐらいの感じでしたが、今回はそれのさらに上を行く、地球上で一番ケンカの強いマクレガーとボクシングのチャンピオンの対決。当然、誰が見て考えても、面白いカードだと思います」

 今回の対戦は、12ラウンドの純粋なボクシングルールで行われる。そのため、圧倒的にメイウェザーが有利と言われているが、ここにきて風向きが変わっている。

「当初10オンスのグローブを着用する契約でしたが、マクレガーは普段、UFCで4オンスのオープン・フィンガー・グローブで試合をしています。そこで、マクレガーは小さいグローブの着用を要求していました。それに対し、メイウェザーが“マクレガーがリングでより安心して戦えるように、俺が妥協してやるぜ”と8オンスグローブで戦うことを了承したんです。マクレガーにチャンスが出てきたといってもいいでしょう」(格闘技雑誌編集者)

 今年で40歳になり2年ぶりの復帰戦となるメイウェザーに対し、マクレガーは29歳と脂が乗りきっている。マクレガーとすれば、そのあたりに勝機を見出したいところだろう。

 メイウェザーが無敗記録を更新するか。はたまたマクレガーが一矢報いるのか。もう間もなく、戦いのゴングが鳴り響く――。

■ボクシング5階級制覇メイウェザーvsUFC2階級王者マクレガー「勝つのはどっちだ!?」著名人が勝敗予想

【ボクシング3階級王者・亀田興毅氏】

「普通にボクシングをやってもマクレガーは勝てない。メイウェザーが中盤でノックアウト勝ちでしょう。中盤以降メイウェザーがちょこちょこパンチ当ててボディとか入れて終わるか。8、9ラウンドあたりでマクレガーが諦めるか。ここは圧倒的なメイウェザーの勝ちでしょう。ただ自分もやってみて分かったんですけど、ボクシングの素人とやるのってすごく難しい。パンチの軌道が分からないんですよ。だから前半の1、2ラウンドは、メイウェザーも戸惑うところがあると思う。一番の見どころはそこじゃないですか。マクレガーがグチャグチャと出てきたら、メイウェザーが変なパンチもらって終わる可能性もゼロではない」

【元WBA世界スーパーフライ級王者・飯田覚士氏】

「マクレガーのボクシングのスパー動画を見たんですが、勝つのは無理でしょう。でも、ショーアップした試合になると思っているので、6ラウンド以上やるんじゃないかな。8ラウンドくらいになったら、マクレガーが何もできなくなって、最後はメイウェザーが仕留めるでしょう。逆にマクレガーはどれだけ接近戦に持ち込めるか。序盤に入れるのか。その練習をしているのか。もしメイウェザーに“調整試合”という意識があって仕上げてなかったら、マクレガーが付け入る隙はあると思う。でも、ほんのちょっとです(笑)」

【元ミドル級世界王者・竹原慎二氏】

「僕は“ボクシングは攻撃してナンボ”だと思っているので、メイウェザーのボクシングは好きじゃないけど、今回は圧倒的に有利でしょう。マクレガーのパンチは当たらないですよ。年齢的なことと、マクレガーがガムシャラにくるのが少し怖いですが、メイウェザーの負け試合にはならない。KOで倒してほしいですね」

【浅草キッド・玉袋筋太郎氏】

「メイウェザーは復帰戦だもんね。マクレガーはバリバリの現役じゃん。だから俺はあると思うね。総合格闘家はトリッキーな動きをするので、意外と正統派のボクサーは食らっちゃったりする。それでメイウェザーのL字ガードを崩せるかだよね。マクレガーのようなリーチの長い選手が行くのが面白いから。評判よりマクレガーの方が有利だと思っているよ。賭け率も面白いんじゃない。今マクレガーが5倍くらいでしょ。買えたら穴目を狙ってマクレガーだよ。世間が思っているほど、一方的な試合にはならないよ」

【第3回世界グラップリング選手権優勝の柔術家タカ・クノウ氏】

「勝敗予想は難しいな(笑)。お互い天才的なボクシングをしますから。フルラウンドまではいかない。ボクシングルールだと(マクレガーは)絶対に敵わないと思います。序盤、様子見て、お互いがいいところを出して、中盤過ぎの7、8ラウンドぐらいでメイウェザーが決めるんじゃないかと思います。決着はKOかTKO。僕はメイウェザー好きなので、そう信じたい。あのパッキャオですら封じたメイウェザーですから」

【元スーパーヘビー級キング・オブ・パンクラシストの高阪剛氏】

「マクレガーが正しく普通のボクシングをやったら1ラウンドもたないですよ。ただ、それはマクレガーも重々承知。何か考えているとは思います。早い段階でマクレガーが攻撃を仕掛けて、いつもは対戦相手に“何をしていいか分からない”と思わせているメイウェザーが、マクレガーの独特の空気、間合い、リズムによって、今度はメイウェザー自身が“アレ、いつもと違うぞ”と思う状態に陥るか。そんな状態のとき、一発当たれば、チャンスはあると思います」