卵はとがっている方を下にして置くと卵黄が安定し鮮度が保たれる

写真拡大 (全3枚)

 食材を買ってきたら、とりあえずすぐ冷蔵庫へ…これって実は大間違い! キッチンペーパー、保存容器、保存袋を活用し、ひと手間加えてから冷蔵庫のあるべき場所に入れることで、日持ちが断然変わるという。そのノウハウを保存のプロに聞いた。

「“食材は、とりあえず冷蔵庫に入れておけば安心”という気持ちはよくわかります。でも、そういう考えで、ただ詰めていては、使いにくい冷蔵庫になってしまいます」とは、食材保存と冷蔵庫収納のプロ・島本美由紀さんだ(「」内以下同)。

 使いにくい冷蔵庫とは、どこに何があるか、すぐにわからない状態をいう。干からびた野菜が隅っこにいたり、保冷剤や小袋調味料、賞味期限の切れたドレッシングが庫内を占領していて、汚れがついていてもそのまま…。

 これらの食材は、結局捨てることになるので、お金を無駄にする上、家事効率も悪く、時間のロスにもなる。冷蔵庫活用法の“正解”を模索して15年、島本さんはある結論にたどり着いたという。

「使いにくい冷蔵庫を変身させるには、3つのポイントがあります。それは、

【1】何がどこにあるか、すぐ“見える”ようにする
【2】食材が迷子にならないよう、分別して“まとめる”
【3】入れる場所を決め、迷わず“取り出せる”ようにする

 これらを実践するだけで、庫内は見違えるはずです」

◆食材の適温と包み直し方を知る

 庫内の基本的な整理法「見える」「まとめる」「取り出せる」を習得したら、次は、長持ちさせるテクを駆使し、食材を保存しよう。そもそも、食材のパッケージは、あくまで“店から自宅まで運ぶ”ためのもので、保存には不向き。買ったものをそのまま冷蔵庫に入れては、傷みが早くなる。

「食材は持ち帰る間にも鮮度が低下していくので、すぐに冷蔵庫へ入れるのはいいのですが、“包み直す”ひと手間だけかけて。さらに、各食材を保存する“適温”を知ることも大切です」

 冷蔵庫内は、場所によって温度がかなり違う。つまり、食材の適温を知れば、入れるべき場所は、おのずと決まり、どこに入れたらいいのか、迷うことも少なくなる。

◆冷蔵庫内の温度と場所別役割

【冷蔵室】3〜6℃
 冷気は下にたまりやすく、上段と下段で約2℃の差が。上段には飲み物など保存期間が長い食材、中段に作りおきなどよく使う食材、下段は予備のスペースとして、鍋などが入るくらいの空間を開けておくのがおすすめ。

【ドアポケット】6〜9℃
 ドアの開閉により、温度はやや高めに。そのため、飲み物や開封後の調味料など、冷えすぎない程度に冷蔵したい食品の保存向け。

【チルド室】0〜-3℃
 凍る寸前の状態で保存できる。納豆やキムチなど発酵が進みやすい食品にも最適。冷凍した食品を解凍させる時は、時間をかけるほど旨みが落ちにくいので、解凍場所としても◎。

【野菜室】5〜8℃
 食材の水分を保つために、湿度調整もされている。特に夏野菜は寒さに弱いので、冷蔵室では冷えすぎて低温障害になるような野菜や果物も、こちらで保存しよう。

【冷凍室】-18〜-20℃
 生鮮食品を凍らせて長期保存させたり、乾物や調味料の保存にも最適。生鮮食品は、賞味期限ぎりぎりで冷凍するより、買ってすぐ急冷凍すれば、風味が落ちにくい。

※女性セブン2017年9月7日号