ライオラ氏がメッシに助言? 「メッシはバルセロナを離れた方がいい」

写真拡大

▽FWズラタン・イブラヒモビッチや、MFポール・ポグバ、FWロメル・ルカク、FWマリオ・バロテッリといった数々の大物プレーヤーを顧客に持つ辣腕代理人のミノ・ライオラ氏が「メッシはクラブを去るべきだ」とコメントしている。

▽敏腕代理人として選手からは大きな支持を得ているライオラ氏だが、移籍を実現させるための剛腕ぶりに反感を買うことも少なくなく、現役を勇退した元マンチェスター・ユナイテッド指揮官のアレックス・ファーガソン氏も「ライオラは私が好きではない代理人の1人だ。彼のことは最初から信用できなかった」と自伝の中に書き残しているほど。そんなライオラ氏がバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。

「メッシのような選手は他の異なるクラブでの経験も積むべきだ。自分がどれだけ偉大なのかを証明するためにね」

▽また、ライオラ氏は近年の移籍市場での選手の価格高騰については、ネイマールのような移籍が移籍金高騰の引き金となったと考えているようだ。

「移籍市場はもはや存在しなくなった。今や選手が契約を交わすのは国だ。フットボールではない。2億ユーロという移籍金はこれからノーマルになっていく。今にもクレイジーだと感じないようになるだろう」