画像提供:マイナビニュース

写真拡大

アイベックスエアラインズ(IBEX)は8月22日、 10月29日〜2018年3月24日の2017年ウインターダイヤについて、国土交通省に申請・届出を行った。引き続き仙台を中心としたネットワークを構築するほか、今秋にはCRJ200(50席)が退役し、CRJ700(70席)への更新及び機種統一を完了させる。

路便計画は、14路線1日27往復54便体制にて運航。引き続き全便で、ANAとのコードシェアを行う。2017年サマーダイヤでは、CRJ700の機材特性に適合する路線の選択と集中を図り、仙台発着路線の強化を図ってきた。ウインターダイヤにおいてもサマーダイヤの路便計画を継続し、引き続き仙台を中心としたネットワークを構築する。

機材計画として、CRJ700を9機体制にて運航。今秋退役するCRJ200(JA03RJ)の定期便ラストフライトは、9月下旬を予定している。提供座席数の増加により、ビジネス・観光双方の需要に応え、地域振興と利便性の向上を図る。