猛暑が戻ってきた東京周辺であす26日(2017年8月)はゲリラ雷雨に見舞われそうだ。気象予報士の河波貴大によると、地上の暑さと上空(5500メートル付近)の寒気との温度差が40度になると大気が不安定になり雷雲が発達しやすくなる。

北陸や東北に大雨をもたらしている秋雨前線が南下していて、ここに南の高気圧から暖かく湿った空気が流れ込んでいる。「秋雨前線が関東地方の真上にかかる26日午後には雷雲が発達しやすくなります」(河波)