日本列島をそれた台風13号がおととい23日(2017年8月)、中国南部の香港、マカオなどを直撃し、暴風や豪雨など猛威をふるった。瞬間最大風速53メートル、洪水や停電が各地で起こり、交通機関は麻痺した。

街路樹は根こそぎ倒れ、人やバイクが吹き飛ばされる、建築中の高層ビルからクレーンのアームが落下している。現地メディアによると、少なくとも死者16人、数百人がけがをしたという。

台風14号も発生

気象予報士の天達武史によると、「局所的に竜巻がかなり発生した可能性がある」そうだ。きょう25日午前に台風14号が発生し、「進路が中国南部に向かっていて、上陸の可能性がでている」(天達)

あらたな被害も懸念されるという。