画像提供:マイナビニュース

写真拡大

楽天モバイルの新料金プラン

楽天は同社のMVNO事業「楽天モバイル」で、新料金プラン「スーパーホーダイ」を発表した。大手キャリアやそのサブブランドが低価格でMVNOの市場を侵食しつつある中、どのような意図で設定されたプランなのだろうか。

○最低速度が従来の約5倍に

今回発表された「スーパーホーダイ」は、音声SIMと国内通話が5分までであればかけ放題になるオプションがセットになった料金プランだ。従来のプランと違うところは、データ通信容量を使い切っても最低通信速度が1Mbps(ベストエフォート式)と比較的高速な点。楽天モバイルの場合、従来のプランでは最低通信速度は200kbpsに設定されていたので、約5倍の高速化となる(ただし昼と夕方の混雑時は300kbpsに制限される)。

1Mbpsは、LTEの理論値が数百Mbpsに達し、実行速度でも調子がよければ数十Mbps台も珍しくない昨今において、決して早いと言える速度ではないが、地図アプリでスクロールさせても描画遅れは気にならないレベルであり、音楽ストリーミングサービスや動画配信などでも、ある程度実用的な速度で利用できる。容量を使い切っても、ある程度割り切って使える速度で、残り容量を気にすることなく使えるわけだ。

料金はデータ通信容量が2GBの「S」で2980円、6GBの「M」が3980円、14GBの「L」が5980円。楽天会員であれば一年目に限り月額1000円の割引が受けられる。楽天会員は基本的に誰にでもなれるため、実質一年目はS=1980円/M=2980円/L=4980円ということになる。

2GBで1980円というのは、auのピタットプラン、あるいはワイモバイルやUQモバイルといったキャリアのサブブランドと同額であり、かなり意識した設定であることが伺える。ただしキャリア&サブブランド組がデータ容量1GB、あるいは2年間は2GBだが3年目以降は1GBに落ちることを考えると、2GBのまま3年目以降も継続するスーパーホーダイのほうがお得ということになる。また、キャリアと違ってプランの自動更新がない。このため3年目以降は自由なタイミングで解約しても問題ないことになる。この点もキャリアより優位なポイントだと言えるだろう。

なお、スーパーホーダイ自体に端末の割賦販売や割引制度はないが、スーパーホーダイ契約時に最低利用期間を二年または三年で設定すると、二年の場合は1万円、三年の場合は2万円、楽天モバイルで端末を購入時に割引が受けられる「長期優待ボーナス」が設定された。端末は持っているのでSIMだけ購入するという場合は、楽天スーパーポイントで同等額が付加される。ただしこの場合、途中解約時に解約金が発生することになる。

●安さばかりをウリにはしない

○目指すは「わかりやすさ」を主眼にした第三極

楽天モバイルは今回の発表により、データ容量や音声通話の有無などを自分で組み合わせる基本コースに加え、端末とセットになった「コミコミプラン」と、新規の「スーパーホーダイ」という3つの商品ラインが揃うことになった(ただし「コミコミプラン」は「スーパーホーダイ」と入れ替わるかたちで8/31に新規受付を終了する)。

それぞれのプランで容量が微妙に異なったりするため、単純に横並びで比較するのは難しいのだが、たとえば基本コースの3.1GBプランに5分かけ放題を付けると月額2450円になり、2980円の「スーパーホーダイS」は500円以上高い。金額的には「コミコミプランS」も同程度だが、本体価格を支払い終わった3年目以降で比較すると、やはりスーパーホーダイのほうが700円近く高いのだ。キャリアを含めて安さを売りにするプランが多いなか、あえて高いサービスを打ち出してきたというのは興味深い。

最近はMVNOの認知度が高まり、以前のようなITリテラシーの高いユーザーだけでなく、一般ユーザーの間にも「格安スマホ」としてMVNOが普及しつつある。こうしたITリテラシーの低いユーザーにとっては、あとどれだけ使えるかという計算や、なぜ遅くなるのか、という理由はどうでもよく、ある程度安ければ、実用上問題ない速度で自由に使えることのほうが大事だろう。

その点、「スーパーホーダイ」は、データ容量の残量を気にしない、いわゆる「ギガを使い切る」ストレスを気にしないで済む安心感、わかりやすさが大きな武器になる。スーパーホーダイの値上がりぶんは前述した「わかりやすさ」と最低速度の向上ぶんによる付加価値として受け入れられるという計算なのだろう。今後は「スーパーホーダイ」を中心に販売を推進するとのことなので、2年後以降は、ARPUの向上にも役立つことになる。

楽天の平井康文副社長執行役員によれば、楽天モバイルはすでに十分安価なプランを提供しており、これ以上の料金競争をするつもりはないという。また、発表会では「格安スマホ」という言葉を一度も使っておらず、キャリアとも、他のMVNOが提供する格安スマホとも異なる第三極、新しい立ち位置を模索しているのだという。「スーパーホーダイ」が提案する「わかりやすさ」と「安心感」こそが、楽天モバイルが目指す第三極としての立ち位置ということになるのだろう。

「スーパーホーダイ」がスタートする9月は、例年であれば日本で圧倒的なシェアを誇るiPhoneの新製品が発表される時期であり、同時にキャリアの縛りが解除されるユーザーも多く誕生する。MVNO各社にとってはまさに多くのユーザーをゲットするチャンスでもある。「わかりやすさと安心感」を武器にした「スーパーホーダイ」がどれだけのユーザーを獲得できるのか、第三極としての楽天モバイルの立ち位置が狙いどおりに確立されるのか、興味深く見守りたい。